Google「Pixel Tablet」の2023年投入を発表

公開日: : Google Nexus

Googleは米国時間5月11日、開発者会議Google I/O 2022においてPixelブランドのタブレット端末を2023年に復活させることを明らかにした。

その名称は「Pixel Table」という。

Pixel Tablet、来る。

そのタブレットにはGoogle独自チップ「Google Tensor」を搭載するとまで明かしたものの、ディスプレイサイズやRAMといった詳細は語られなかった。

公開された画像からベゼルレスではないこと、前背面のカメラがシングルであること、背面の「G」ロゴ下にピン端子の存在が確認できる。

Google製タブレットといえば、Nexus 7が最高のコストパフォーマンスを備えたピュアAndroidということでAndroid端末人気を牽引したが、その後のNexus 10やPixel Cまで熱気は続かなかった記憶がある。

教育分野で圧倒的なシェアを確立したChromebookがAndroidアプリをサポートし、Android端末もまた画面分割やマルチタスクへと歩みを進めており、その中間にも思えるPixelタブレットの新モデルに注目が集まりそうだ。

Source:Google I/O

よく一緒に閲覧される記事

Googleストア、Pixel 6 Proの在庫処分セール実施中

Googleストアのキャンペーンページでは「Google Pixel

「Google Pixel2」がAndroid 13対応に、LineageOS 20で復活

CyanogenMod後継の人気カスタムROM「LineageOS」

Pixel Tabletは指紋センサー搭載で充電ドックが2種類など、最新リーク

Googleが発売することを明らかにしている最新タブレット「Pixe

→もっと見る

PAGE TOP ↑