12.4型ARM版Winタブ「Xiaomi Book S」の写真リーク

公開日: : Xiaomi ,

HPやLenovoに続き、これからQualcommと手を結んだMicrosoftによるARM版Windows搭載タブレットが増えそうだ。

TabletMonkeysによると12.4インチ「Xiaomi Book S」にとって初となる実機写真がリークされた。

過去のリーク情報を含め、写真からも一部スペックが伝えられている。

「Xiaomi Book S」の写真リーク。

TabletMonkeysは「Xiaomi Book S」とされるリーク写真に着脱式キーボード用の金属端子があることに触れ、過去のリーク情報よりARMチップを搭載した12.4インチのWindows 11 搭載モデルになるようだと伝えた。

これまでにリークされた仕様ではRAM8GB、Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 2チップを搭載するという。同チップは初代からゲーミングプラットホーム向けとしてリリースされている。

同じチップを搭載した端末を見てみると13.5型2in1ノートPC「HP Elite Folio」(2021年9月に発売、HPの製品ページへ)があり、最大21.1時間の長時間バッテリー駆動を実現、5G通信もサポートしている。

同メディアは数日前にリリースされた10.1インチのLenovo 10wを含め、ARM版Windows搭載タブレットが増えていると伝えた。

海外モデルの仕様はわからないが日本のLenovo製品ページを見るとCPUにはQualcomm Snapdragon 7c Gen2を搭載、RAM4GBでWindows 11 Pro 日本語版をプリインストールとあった。

Lenovo 10wはGIGAスクール構想向けモデルとして、学校での利用に最適な2in1と紹介されている。

教育分野で圧倒的なシェアを築くChromebookに迫れるのか、ARM版Windowsは普及するのか今後も注視したい。

Source:TABLETMONKEYS

よく一緒に閲覧される記事

有機120Hz/RAM8GB/6.67型「Xiaomi 11T」が20%還元中、スペックと強み

シャオミの5G通信に対応し、背面に1億800万画素 + 80

極薄な折り畳み画面スマホ「Xiaomi MIX Fold 2」登場か、動画・画像がリーク

中国Xiaomiが現地時間8月11日より開催する新製品発表イベントで

Xiaomiが8月よりタブレットなど値上げへ、新旧価格の一覧表

中国Xiaomiは日本時間7月28日、販売中のRedmiブラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑