第9世代iPad (2021)が10%OFFに、Amazonブラックフライデー・価格比較

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

アマゾンジャパンが開催中のAmazonブラックフライデーにおいて、Amazon.co.jpが販売・出荷を行うAppleストアにて第9世代iPad (2021)が10%OFFとなるセールを実施していた。

Appleストアで現在も販売が継続されている第9世代iPad (2021)の通常価格と比較していく。

第9世代iPad (2021)が10%OFFに。

はじめにAmazonブラックフライデー対象の「iPad」を探すと記事冒頭に掲載した第7世代と第8世代と第9世代の無印iPad(3商品)がヒットした。

しかし、販売・出荷がAmazon.co.jpとなっているのは本記事で取り上げた第9世代iPad (2021)だけで、あとはマーケットプレイスが販売する割高な価格設定となっている。

そのため、今回のAmazonブラックフライデーにおける正当なiPadの値下げは記事投稿時点で「第9世代iPad (2021)」の1機種のみ。

幸いなことに販売ページ内にあるストレージ・オプションで64GBモデルと256GBモデルを変更しても10%OFFとなっていた。

ただし、セルラー版とAppleCareセットを選択するとセール対象外となるので注意。

ここでApple.comの公式ストアと価格比較していく。

Amazon.co.jpApple.com
64GBモデル44,839円49,800円
256GBモデル64,650円71,800円

 

10%OFFということで驚くほど安くはないものの、滅多に値下げをしないApple製品の中でも低価格帯の無印iPad(しかも2021年モデル)が1割引というのは珍しい。

ちなみにAppleストアで最新iPad(2022)は64GBモデルが68,800円、256GBモデルが92,800円で販売中。

おすすめモデルとしてはコンテンツをストリーミング配信サービスで楽しむなら2021年の64GBモデルで十分、アプリを楽しむなら256GBモデルが良いと思う。

とくにガチャで売り上げを伸ばすようなゲームアプリは頻繁なアップデートを行い、その都度256MBや1GBを追加といった感じでストレージを圧迫する機会が多いので注意したい。

→最新の在庫状況と1,294件のレビュー詳細はAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

iPhoneがマイナンバーカード対応へ、2025年春スタート/使用方法

Appleは日本時間2024年5月30日、日本でAppleウォレットを

(価格改定)iPad mini 6が最大10,000円値上げでiPad 10は値下げに、新旧価格一覧

Appleは日本時間2024年5月8日、最新iPadシリーズ2

Appleが20.3インチ折りたたみデバイスを2025年に投入か、7.9インチ/8.3インチのiPhone Foldは2026年とも

海外メディアが投資家向け情報からAppleが折りたたみデバイスの開発を

→もっと見る

PAGE TOP ↑