筆圧ペン/11型「Fire Max 11」発表、スペック・価格一覧・発売日

公開日: : 最終更新日:2023/05/24 Amazon Kindle , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

アマゾンジャパン合同会社は2023年5月23日、Fireタブレットシリーズの最新モデルとして新たに11インチ2K解像度の「Fire Max 11」(第13世代 – 2023年発売)を発表した。

別売りのMade for Amazon認定取得のスタイラスペンと専用キーボードが別売りで販売する。

発売日は2023年6月14日を予定、価格は34,980円。

Fire Max 11のスペック・価格・発売日

Fireタブレットシリーズで最大となる11インチを備えた「Fire Max 11」の販売ページで最初にピックアップされている主要スペックは次のとおり。

  • 2Kディスプレイ(2000×1200)
  • 8コアプロセッサ (2×2.2GHz、6×2.0GHz)
  • 4GB RAM
  • 7,500mAhバッテリー
  • WiFi 6対応
  • 指紋センサー搭載

上記のほかにアルミニウムボディを備え、落下テストにおける耐久性はApple iPad 10.9(第10世代)の3倍としている。

スタイラスペンやキーボードを備えていることからApple iPad 10.9(第10世代)をライバル視している模様。

スタイラスペンはUSI 2.0規定対応でペアリング不要、マグネット式のFire Max 11側面に取付可能、セット買いで割安で購入できるとしている。

また、専用のキーボード付きカバーは「背面カバー(スタンド)」と「前面カバー兼用キーボード」が分離する。

背面カバーは「Fire Max 11」の背面にマグネットで吸着し、そのままSurface Proシリーズのようなキックスタンドを利用可能。

前面兼用キーボードもまたSurface Proシリーズと同じようなカバーにもなるタッチパッドを備えたキーボード、日本向けは日本配列になるとしている。

興味深いことに過去のFireタブレットでは強調されてこなかったカメラについてもスペックを言及、8MPカメラとWiFi 6対応によりビデオ通話が快適になるとしている。

Fire Max 11の本体重量は490g、本体サイズは259 x 164 x 7.5mmとなっている。

ストレージは64GBと128GBの2モデル展開、バッテリーPEIは最大14H、付属のアダプターでの充電時間は4.2H。

その他、Dolby Atmosデュアルステレオスピーカーを搭載、AlexaとShowモードに対応しているが、ワイヤレス充電には非対応。

価格構成・発売日

Fire Max 11のストレージ容量やキーボード付きなどにより次のような価格になっていた。

本体のみ64GBモデルが34,980円、128GBは+5000円の39,980円。

本体+キーボードのセットは64GB=45,960円、128GB=50,960円となっているがセールにより、それぞれ1980円OFFに。

本体+スタイラスペンのセットは64GB=39,960円、128GB=44,960円。セールにより各980円OFFに。

そして、本体+スタイラスペン+キーボードのセットは64GB=50,940円、128GB=55,940円。セールにより各2,960円OFFに。

以上のことからセット購入でスタイラスペンは980円OFF、キーボードは1980円OFFとなっている。

カラーバリエーションはグレーの1色展開、発売日は2023年6月14日を予定している。

→最新の在庫状況と配達予定日はAmazon販売ページ

続き→Fire Max 11は買いか、10.9インチiPad (10th)とスペック比較表

よく一緒に閲覧される記事

3/1から「アマゾン新生活SALE」開催へ、MacBook Proなど目玉商品の予告スタート

アマゾンジャパンが昨年に続き「新生活SALE」を3月1日午前

【7000円OFF】11型2K「Fire Max 11」が特価に、過去最安と比較

アマゾンジャパンの最上位タブレットであるペン入力に対応した1

(2製品が底値に)Fire TV Stick 3が特価3980円ほか、Fire TVシリーズ5製品が値下げ中

アマゾンジャパンは2024年2月1日午前9時より開催したAm

→もっと見る

PAGE TOP ↑