FireタブレットでGoogle Playサービス強制終了する問題、早くもFire Toolbox V32.2で対策

公開日: : Amazon Kindle ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

Fireタブレットのハックツールを公開しているXDAメンバーのDatastream33氏は現地時間2023年10月27日、最新バージョンFire Toolbox V32.2を公開した。

このバージョンではFireOSがGoogle Playサービスをバッググラウンドで定期的に終了する問題をクリアしていることが伝えられている。

Fire Toolbox V32.2がリリース。

同氏はアップデートに関する連絡事項のなかで、多くのユーザーが味わってきたGoogleサービスとFireOSが上手く組み合わせられない問題に触れた。

例としてアプリの通知が配信されないケースや警告メッセージの表示、インストールしたはずのGoogle Playサービスが見つからないといった症状があるという。

それについてXDAメンバー@gdroid666氏のサポートにより多くの問題がバックグラウンド実行されていないPlay Servicesに原因があると判明したと続ける。

具体的にはバッテリー最適化の際、FireOSはPlayサービスを強制終了してバックグラウンドで実行することを妨げてしまい、それによってアプリがクラッシュする可能性もあるとのこと。

そして、同日付でリリースしたFire Toolbox V32.2からは、Play サービスがホワイトリストへ登録され、動作に必要なアプリがバックグラウンドでも実行できるようになったとしている。

このホワイトリストへの追加はメニュー「Manage Google Services」より実行可能となっており、再インストールする必要はないと伝えた。

前回の話
Fire HD 10(2023)はFire Toolbox非対応、Google Playは手動インストールに

Source : XDA

よく一緒に閲覧される記事

Fire TVシリーズ4製品が最大6000円OFFに、さらにオーナーは追加500円OFFへ

アマゾンジャパンは2024年2月1日午前9時より開催したAm

(更新)【最大7000円OFF】Fireタブレット4機種が特集セール中、底値チェック

アマゾンジャパンが2024年2月1日から開催するAmazonタイムセ

(最大54%OFF)Amazon Echoシリーズが特集セール中、初回購入なら追加500円OFF

アマゾンジャパンは2024年3月22日、スマートディスプレイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑