2024年3月モデルか、新型iPad Pro/iPad Air/12.9インチiPad Airの本体サイズが流出

公開日: : Apple , , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

Appleが2024年3月にも発表するのではないかと見られている新型iPad ProおよびiPad Airについて、本体サイズがリークされた。

それによればiPad Airは初の2サイズ展開となり、うち1つは12.9インチiPad Proに近いサイズとなるという。新型12.9インチiPad Proのサイズも含め3機種の数字が伝えられている。

新型iPad Pro/iPad Airの本体寸法リーク

新しいiPad Airのリーク情報

9TO5Macは昨年、Appleがコードネーム”J507”と”J537”というiPad AIrの新しいバージョン2つを取り組んでいると報じた件について、今年のアップデートは例年より大きな内容になるようだと伝えた。

そのうち1つは現在のiPad Airとほぼ同じように見えるが、もう1つは大きなディスプレイを搭載するという。

これはつまりAppleが画面サイズの異なる2つのiPad Airを初めて提供することを意味する。

同メディアは情報筋から得た話として、大型iPad Airの画面サイズは12.9インチでそれは現行の12.9インチiPad Proとほぼ同じ寸法になる可能性が高いことを伝えた。

通常サイズのiPad Airに大きなサイズの変更はないようだ。

  • 現行iPad Air:247.6mm x 178.5mm x 5.9mm
  • 新型iPad Air:249.7 mm x 177.5 mm x 5.1 mm

0.8mmと僅かながら薄く、縦長へと変化していることがわかる。12.9インチiPad Airのサイズは後述するiPad Proのリーク内に記載した。

新しいiPad Proのリーク情報

iPad Proについては新型モデルで寸法に若干の変化が加えられるとしている。具体的には2024年モデルは少し大きく、薄くなるという。

本体の厚みが薄くなる理由はOLEDディスプレイの採用が挙げられており、LCDディスプレイよりも重ねる層の数が少ないためだという。

  • 現行12.9インチiPad Pro:280.6 mm x 214.9 mm x 6.4 mm
  • 新型12.9インチiPad Pro:281.5 mm x 215.5 mm x 5.0 mm
  • 新型12.9インチiPad Air:280.6 mm x 214.9 mm x 6.0 mm

上記を見比べると新旧で大きな違いは厚みが1.4mmも薄くなったところ、次に縦横ともに大きくなっていることが挙げられる。

次に12.9インチiPad Airは現行12.9インチiPad Proと縦横サイズが全くの一緒で、厚みだけ0.4mm薄くなっているという状態に。

◇◆◇

同メディアはアクセサリーメーカーから新型iPad用ケースの生産を強化していること、早ければ来月にも出荷予定ということを聞いたと伝えた。

これはBloombergが報じた新しいMacBookとともに2024年3月末までに新しいiPadがリリースされるという記事と一致する。

新しいiPad Proモデルは新たにM3チップとOLEDディスプレイを搭載し、多彩なストレージオプションが用意されるとも伝えられている。さらに別のリークではAppleがProモデル向けに新しいアクセサリを設計しているという情報も。

これらのリークが正しければ間もなく主要メディアにAppleから2024年3月開催の招待状が届くことになる。

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 16から物理ボタン廃止か、タッチ式モジュール発注とも

Appleのスマートフォンに使われると見られる静電容量ボタンのパッケ

Re:ゼロから始める英作文、物書堂と「Basic Grammar in Use」を抱えて

幾度となく英作文に挑戦しては敗れ、やがて時間とともに蘇る。

iPhoneだけで執筆を、携帯スタンドの話

iPad miniのMac化を考えていたが、物書堂の辞書アプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑