(新製品15%OFF)Qi2対応の3in1「Anker MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Stand) 」発売・対応機種

公開日: : 周辺機器 ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

Anker Japanは2024年4月26日、新しいワイヤレス充電スタンドとしてQi2認証を取得した3in1充電ステーション「Anker MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Stand) 」を発売した。

新製品リリースを記念して初回200個に限り15%OFFで提供する。

「Anker MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Stand) 」とは

「Anker MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Stand) 」はAmazon販売ページで次の5つを強調している。

  • Wiress Power IQ搭載()
  • 充電時間の短縮(デバイスに合わせた充電の最適化)
  • Qi2認証取得(最大15W出力が可能に)
  • 放熱性の向上(熱がこもりにくい素材の採用、高い放熱性を実現)
  • ActiveShield 2.0(常時温度管理システム)

上記のうち注目ポイントは32bitのArm cortex-M0チップによる充電の最適化機能。こういったパーツを明示するのはアクセサリーメーカーとしては珍しい。

本体サイズは140mm x 140mm x 165mm、重さ約445g。

入力:12V⎓3A / 15V⎓2.66Aで、Qi2対応機種であれば最大15Wとなり、Apple Watchは最大5W充電となっていた。

気になる対応機種については「15Wの出力でのマグネット式ワイヤレス充電は、iOS 17.4にアップデートしたiPhone 12以降のモデルにのみ可能です。」と説明されている。

Qi2充電器は割高なため対応機種でなければ見送るほうが良いかもしれない。

また、約2.5mm 以上の厚みがあるケースも充電できない旨が記されているため、とくにMagSafe非対応のリングなしケースをつけている場合は注意したい。

「Anker MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Stand) 」の価格・セール情報

「Anker MagGo Wireless Charging Station (3-in-1 Stand) 」は新製品リリースを記念して初回200個に限り15%OFFとなる特価11,040円にて販売中。

記事投稿時点では在庫ありとなっていた。

→最新の在庫状況や製品画像はAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑