東芝8型タブレット『Encore』のスペック表―7時間駆動、OS「Windows 8.1Pro」ほか

公開日: : 最終更新日:2013/09/09 東芝 ,

 先日東芝から発表されたWindows 8.1搭載8型タブレットPC『Encore』について、バッテリー駆動時間や詳しいOS情報が判明したのでスペック表を作成しました。

toshiba-encore-case

東芝8型タブレット『Encore』のスペック表

 はじめに『Encore』のスペック表です。
 スペック表のあとに注意書きなどを記載します。

TOSHIBA-encore-spec

 ITProによると『Encore』の展示機は「Windows 8.1 Pro」を搭載しているほか、バッテリーは最大7時間駆動とのこと。またオプションで縦置きできるケースが存在するようで、スペック表の「Windows 8.1 Pro 32bit」となっています。

 CPUですが、展示機を見た海外メディアも「Atom Z3740」と伝えていたので記録しています。

 プリインストールの「Microsoft Office Home & Student 2013」は欧州限定なのか不明ですが、Windows 8.1 で小型タブレットは全てプリインストールという可能性もあり期待したいところです。

 前回「microUSB充電か」というタイトルで記事を書きましたが、最近の情報によるとmicroUSB充電で間違いなさそうです。

 価格は299ユーロ(約3万9000円)ほどということで、日本でも39,800円発売であればブレイクする予感がします。続報を楽しみにしたいと思います。

<前回の話>
東芝8インチWinタブ『Encore』、CPUはBay Trail-T(Atom Z3740)搭載か

Source:ITPro

追記(2013年9月9日)

 8インチ同士でスペック比較しました。
 8インチWindowsタブレット対決、「東芝 Encore VS Acer ICONIA W3-810」(スペック比較)

よく一緒に閲覧される記事

東芝、1090gの13.3型『dynabook UX53/D』発表―指紋などスペック・発売日

東芝は6月1日、2017年PC夏モデルとして重さ1090gの薄型軽量1

30分で7時間駆動、『TOSHIBA dynabook V』シリーズ発表―スペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは12月1日、都内で開催した新製品発表

12.5型TOSHIBA dynabook RX82/A 発表、デジタイザペン2in1タブレットPCのスペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは7月12日、dynabookブランド

→もっと見る

PAGE TOP ↑