ドコモMVNO『@nifty do LTE』にて新料金プランが受付開始

 ニフティは9月30日、高速モバイル通信サービス「@nifty do LTE」において3つの料金プラン(スタンダードにねんプラン/ライトにねんプラン/エントリーにねんプラン)の新規申し込み受付を開始したと発表しました。

nifty-do-lte-new-price-01

『@nifty do LTE』の新しい料金プラン

 3つの料金プランは、毎月のデータ通信量にあわせて選べるとしており、契約期間は2年間。また、月間のデータ通信量が各プランで設定されたデータ通信量を超過した場合、回線速度を当月末まで上り/下り最大300kbpsに制限される模様。

 上記の料金は、@nifty do LTEのみ利用するケースで、@nifty基本料金(税込262.5円)が含まれているとのこと。同社の通信サービスを利用している利用者は以下の料金となるとのこと。(@nifty do LTEと併用できる接続サービス

  • スタンダードにねんプラン:月額3937.5円→月額3,675円
  • ライトにねんプラン:月額2236.5円→月額1974円
  • エントリーにねんプラン:月額1207.5円→月額945円

 全ての料金プランには別途ユニバーサルサービス料がかかるとしています。

 ニフティ利用者であれば、「エントリーにねんプラン」は1,000円以下で利用できるようですね。

Source:ニフティ

よく一緒に閲覧される記事

nuroモバイルがプラン刷新、最安700円→300円より利用可能に(新旧の料金プラン表)

ソニーネットワークコミュニケーションズは10月1日、LTE通信サービス

格安SIMの満足度1位「mineo」、2018年9月度のMVNO調査結果:MMD研究所

MMD研究所は9月25日、「2018年9月格安SIMサービスの利用動向

総務省、通信3社に「格安スマホの速度差別」禁止/10月にも改正

日本経済新聞は9月2日、総務省が格安スマートフォンの通信速度を遅くする

→もっと見る

PAGE TOP ↑