iOS 更新キターー!目玉は Siri と アップル開発のマップ か

公開日: : Apple

iOS が更新され様々な機能が追加されています。

その中でも Siri と  「一から発想した」というマップが非常に気になります。

どのような状況になっているのか調べてみました。

ios-siri_R

iOS の目玉は Siri と 独自開発のマップ か

はじめに Siri を見てみます。

Siri について詳しい方は、初めてSiriを知った人間の反応をお楽しみ下さい。

siri「あなたの望み、かなえます。」

メッセージの送信、会議の設定、電話発信などが声でできるということですね

普段の話し方で対応してくれるそうです。

Siri「あなたの言葉と、その言葉の意味を理解します。」

人に話しかけるように使えるそうです。

「メッセージを読んで」とか

「タイマーを35分にセットして」など

「週末の京都の天気は?」と問えば

「週末の天気です」と言いながら京都の天気予報を表示するらしいです。

続けざまに「奈良はどう?」と聞けば

さっきの天気に関する情報を引き出してくれるということで面白そうです。

Siri「あなたが毎日することを手伝います」

毎日のタスクを楽にしてくれるそうです。

必要とあらば眠りから覚まして試合のスコアを伝えてくれるといった内容です。

FacebookやTwitterの投稿も近況から判断し頼めるそうです。

便利な気もしますが、勝手に位置情報を掲載されたりしたら。。。

少し怖いですね。

Siri「iOSで音声入力を。」

マイクアイコンでの音声入力がアプリなど関係なく使えるとのことです。

Androidにも存在していますが本家の精度が楽しみです。

Siri「アイズフリー。」

これは凄い機能なのではないでしょうか

近いうちに実現するということですが

自動車会社と連携してハンドルのマイクから

電話をかけたり、音楽を流したり

テキストメッセージを読み上げることができるそうです。

他にもマップ連携で行く先を伝えたり

通知情報を伝えたり、カレンダーの情報を探すなど

すでに簡易ロボットの域に達しているかも知れません。

Appleが一からデザインしたマップ

「3Dビュー」と「Flyover」が強みなようです。

特に「Flyover」が気になりました。

以下は引用です。

主要な大都市は、写真のようにリアルに表示される

インタラクティブな3Dビューで上空から眺めることができます。

拡大したり、パンしたり、傾けたり、回転させたりしながら、

空からの街歩きを高解像度で楽しみましょう。

http://www.apple.com/jp/ios/maps/

長らくGoogleMapを使用してきた身としましては

あれ以上のものが存在するのかとワクワクしてしまいます。

今さらながら 新しいiPad を注文してよかったと思いました。

そういえば、iPadを抱えたクロネコさんが国内に着地したみたいなので

届いてiOSをアップデートするのが楽しみです。

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 14 Pro MaxはApple Pencil対応の可能性(China Mobile)

China Mobileは現地時間5月11日午前11時過ぎ、

USB-C版iPhoneは2023年登場か、サプライヤーに膨大な注文

Appleの事情に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏

【悪用厳禁】0円でiPadをMac起動時から外部モニターにする方法

Duet DisplayやLuna Displayに始まり、Side

→もっと見る

PAGE TOP ↑