iPad mini Retinaが「色域」で敗北、Nexus 7 2013/Kindle Fire HDXと比較

公開日: : Apple , ,

 iPad mini Retinaディスプレイの色を再現する力は、Nexus 7 2013年モデルやKindle Fire HDXに比べ劣っていると海外メディアが伝えています。

Spectra_17

iPad mini Retinaディスプレイの色域は63%

 DisplayMateによると、iPad mini Retinaディスプレイの色域は63%なのに対し、Nexus 7 2013年モデルやKindle Fire HDXは色域を100%カバーしているとのこと。またNexus 7 2013年モデルがコストの掛かるLTPSを採用し色域100%に加え電力効率も改善、Kindle Fire HDXは最新技術を積極的に採用し色域を100%カバーした一方、Appleは iPad mini RetinaディスプレイでIGZOを採用したことが敗因だと伝えています。

 sRGBのグラフでは、Nexus 7 2013年モデルやKindle Fire HDXよりもiPad mini Retinaディスプレイの色域が狭いことが確認できます。

Gamut_17

 Source:DisplayMateAnandTech via BGR

よく一緒に閲覧される記事

iPad miniに続き、iPhone 2019もApple Pencil採用の可能性

これまで後継モデルが登場するのかも怪しいと言われていたiPad m

次期Apple Watchはジャパンディスプレイ製OLEDを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が

次期Apple Watchか、新たにチタンとセラミックの筐体を追加へ

Appleの次期スマートウォッチ『Apple Watch』について

→もっと見る

PAGE TOP ↑