Qualcomm、トリプルSIM/64bit対応『Snapdragon 410』を発表―2014年後半にも利用可能

公開日: : ニュース ,

 Qualcommは米国時間12月9日、同社初の64bit対応SoC『Snapdragon 410』を発表しました。主にミドルレンジのデバイスが対象で、最大トリプルSIMカードに対応するといった特徴も説明されています。

Qualcomm-Soc

Qualcomm、『Snapdragon 410』の機能

 『Snapdragon 410』は28nmで製造され、GPUには「Adreno 306」が採用され1080Pビデオ再生が可能なほか、1300万画素カメラに対応。

 通信関係はLTE/3G方式で世界の周波数帯に対応するほか、デュアルSIM/トリプルSIMに対応。Qualcomm RF360とともに使用することでマルチバンド、マルチモードにも対応。(Qualcomm の新通信チップ「RF360」は7種類、40バンド以上に対応)その他、Wi-Fi/Bluetooth/FM/NFC/GPS/GLONASS/BeiDouをサポート。

 サポートOSは、Android/Windows Phone/Firefoxを含めた主要OSに対応するとしています。

 Qualcommはプレスリリースの中で、「Snapdragon」で全セグメントのLTEに対応する計画があることを発表。『Snapdragon 410』により150ドル以下のスマートフォンにLTE搭載が可能となり、新興国におけるLTE普及が進むだろうと伝えています。

 『Snapdragon 410』は2014年前半にもサンプルが出荷され、2014年後半にも『Snapdragon 410』搭載デイバスが発売される予定とのこと。

Source:TheVerge via Qualcomm

よく一緒に閲覧される記事

グーグルプラスの個人向けサービス終了、50万人の情報流出か

ロイターは10月9日、Googleが8日にGoogle+の個人向けサー

Tポイント、スマホから新規発行できる『モバイルTカード』開始―対応店舗

Tポイント・ジャパンは10月1日、Tポイントが同日付で15周年を迎えた

満期を過ぎた『郵便貯金』は放っておくと消滅、新聞広告で呼びかけ

郵便貯金・簡易生命保健管理機構が日経新聞に2コマ漫画をつけた郵便貯金に

→もっと見る

PAGE TOP ↑