『Kindle Fire HDX 8.9』専用ケース、開封~重量レビュー

公開日: : Amazon Kindle

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

 『Kindle Fire HDX 8.9』専用ケースは、スタンド状態が使えるか否かで利用頻度を大きく左右する重要なアクセサリー。今回、自立できるかスタンド状態のチェックと重さを量った記録です。

DSC00027-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

『Kindle Fire HDX 8.9』専用ケース、開封レビュー

DSC00028-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 『Kindle Fire HDX 8.9』のケース前回のケース比較より『pas cher』を購入しました。

DSC00029-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 背面は中央はPUレザーらしき素材で覆われており、上下左右はプラスチックで軽量化されています。

DSC00030-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 ケースを開けたところ、紙がありました。

DSC00031-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 カバー部を背面に重ねた時にスリープが発生してしまうという注意書きでした。

DSC00032-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 専用ケースなので各種ボタンも保護してくれる仕様となっています。

DSC00033-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 音量ボタン側。

DSC00034-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 電源ボタン側。

DSC00035-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 ディスプレイを保護するカバー部分。

DSC00036-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 背面カメラ部分。

DSC00037-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 カバー表面。

DSC00038-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 外側から音量ボタン。

DSC00039-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 同じく電源ボタン。

DSC00041-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 『Kindle Fire HDX 8.9』本体の登場。

DSC00043-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 『Kindle Fire HDX 8.9』純正ケースのマグネットとは異なり「パチンッ」とタブレットを挟むタイプ。

DSC00044-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 装着すると簡単には外せないくらいフィットしています。(2つの角を外さないとケースから分離できないほど)

スタンド状態を試す

DSC00045-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 入力モードのスタンド状態、上から抑えても崩れる様子はありません。

DSC00046-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 コンテンツ鑑賞モード。

 マグネットで状態を維持するタイプではなく、『Kindle Fire HDX 8.9』本体の重みでスタンド状態を維持するタイプ。そのため、本体を持ち上げるとカバーが平らになりますが、マグネット依存ではない構造のため鑑賞中の自然転倒はないと思われます。

使用中にオートスリープとなるのか

DSC00047-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 注意書きのあったカバーを背面に重ねる状態を試しました。

 ケースの形状に従い平らにすると上図のような状態となり、オートスリープは発生しません。

DSC00049-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 無理やりカバー部を押し込めると、注意書きにあったようなオートスリープが発生しますが、改良されているのかケースが自然な状態に戻ろうとするので意図的にカバー部を合わせない限り問題はなさそうです。敢えて懸念点を探すなら長期間の使用でカバーが弱り、自然な状態に戻らない可能性が考えられます。

 私は主にコンテンツ視聴モード(スタンド状態)で利用するため特に問題としていませんが、主に平らな状態で使うことが予想される時は他のケースを探すと良いかもしれません。

『Kindle Fire HDX 8.9』専用ケースの重さを量る

DSC00051-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 『Kindle Fire HDX 8.9』本体は公表値よりも軽量な「369g」。

DSC00052-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 ケース本体は「190g」。

DSC00053-Kindle-Fire-HDX-8.9-Case-Review-Tabkul.com

 2つあわせて「559g」となりました。8.9インチであれば持ち運びの許容範囲内と言えそうです。

購入したケース「pas cher」

pas cher

pas cher
pas cher
価格: 1,598円 (%OFF) レビュー3件(2014/01/02現在)

液晶保護フィルム付き。



 ケース比較記事へ↓
 『Kindle Fire HDX 8.9』購入、やはりケース選びが難しかった話

 次回は、『Kindle Fire HDX 8.9』でHuluが再生できるのか、また防水ケースが入るのかなどを記録する予定です。

よく一緒に閲覧される記事

3/1から「アマゾン新生活SALE」開催へ、MacBook Proなど目玉商品の予告スタート

アマゾンジャパンが昨年に続き「新生活SALE」を3月1日午前

【7000円OFF】11型2K「Fire Max 11」が特価に、過去最安と比較

アマゾンジャパンの最上位タブレットであるペン入力に対応した1

(2製品が底値に)Fire TV Stick 3が特価3980円ほか、Fire TVシリーズ5製品が値下げ中

アマゾンジャパンは2024年2月1日午前9時より開催したAm

→もっと見る

PAGE TOP ↑