Nexus 7 のアンケート回答(未着)255件 と iPad mini の発売話 – 真夜中のガジェッター第13話

昨日の朝に設置したアンケートへの回答数が255件にも達していました。

(2012/10/01 4:10時点での回答数です)

全ての回答者が本当の未着者ではないと仮定しても相当数だと思います。

そもそも、未着騒動と関係ない方は タブクル や アンケート にたどり着かないと思うので

純度の高い回答ではないかと思っています。

その他に、私が Nexus 7 を衝動買いする理由にもなっている

iPad mini の話も記録しておきます。

ごった煮カテゴリーの「真夜中のガジェッター」第13話開始です。

q-04

Nexus 7 のアンケート回答(未着)255件

9月25日だけで160件になっていました。

9月25日以降では合計95件半数以上は9月26日注文組さんです。

早い注文ほど未発送者が多いという。。。

みなさんのコメントは

  • 「来る気配がない」
  • 「発送される気がしない」

といった状況です。

私も全く同じ心境で、発送メールは都市伝説化しています。

そして、漢字表記の方が多いですね。

該当者の方々には、私が英語圏の住所表記で未着なので安心して下さいと伝えたいです。

英数字や漢字は発送メールに関しては、遅延に関係はないと思っています。

他の要因で心配はありますけど。。。

発送メールが届いている方の到着予定日

回答頂いた方の中で発送メールが来ているというケースもありました。

そのケースでは、到着予定日として10月1日または2日が多いようですね

このことから明日から明後日にかけて喜びの声が上がりそうです。

しかし、喜べるのは発送メールが届いている方だけかも知れないのが悲しいです。

2回目の電話

2回目の男性オペレーターは「発送メールがない限り、先に届くことはない」と

何度確認しても同じ回答でした。

「うっかり、漏れるということは?」という感じで聞いても

「紐付いているから」と断固と譲りませんでした。

3回目の電話

3回目の女性オペレーターは

私がネットで先に届いたという書き込みは本当か尋ねると

「電話の前日あたりから発送メールより先に商品が届いたケースがある」と

真実味のある回答をいただきました。

理由としては「発送の混乱」と「発送から2~3時間で届くことがある」ということでした。

本当に2~3時間で届くのか

昨日までは、その2~3時間という言葉に当てはまらないかと淡い期待をしていましたが

時間とともに冷静になり

それは「早期注文組の中でも運が良かったケース」だったと気付かされるわけです。

現状は、Nexus 7 は店頭販売でも品切れという書き込みがあるほどで

コメントでも千葉の運送会社1社で2000個を

月曜日に配送予定という濃厚なスケジュールから考えると

発送遅延組のNexus 7が密かに発送され、月曜に到着して

「発送メール前についちゃって~」なんて幸せな展開は訪れなさそうです。

iPad mini の発売話

以前、 iPad mini 発売日の噂 「お父さんの誕生日」について という記事を書きましたが

あの話通りにアップルが話を進めているのなら

10月18日の発表に期待してしまいます。

iPad mini は新登場のため、前機種が品切れになるという予兆もなく

発売日を予測することは困難です。

その一方で楽天に iPad mini のモックアップが販売されています。

まずは、ホワイトから。。。


画像:らいぶShop

次はブラックです。


画像:らいぶShop

価格はなんと税込4,980円という 原道 N50 でも買いたくなるような価格です。

モックアップが出たから発売が近いという書き込みもありますが何ともわかりません。

一部ではRetinaディスプレイは搭載されないのではないか等の情報もあります。

何はともあれ、発表されたら買ってしまう!!

WindowsタブレットのSurfaceとともに。。。。

追記。。。(2012年10月1日 16:11)

未着の方から回答が増えています。

10月2日から国内販売開始ですよ。。。

よく一緒に閲覧される記事

少年漫画好きが『君に届け』を読んだ感想―真夜中のガジェッター

 久しぶりに土日をかけて漫画を堪能。椎名 軽穂さんの『君に届け』を18

アップル「iPad mini」で株価急落、「GALAXY Tab 7.7」まさかのスペック – 真夜中のガジェッター第22話

気がつけば、真夜中のガジェッターの時間です。 第22話は、仲が悪

アマゾンへのボイコットから「Kindle」未販売な理由と撤退の可能性を考える

ウォール・ストリート・ジャーナルが、アマゾンの出版事業に関して

→もっと見る

PAGE TOP ↑