中華Windowsタブレット『Ramos i8 Pro』、3.3万円以下で登場か―スペック他

 中国のタブレットメーカーRamosが初の8インチWindowsタブレット『Ramos i8 Pro』を発売する可能性が伝えられています。価格は約3.3万円(2000元)を超えないだろうとのこと。

ramos-i8-pro-8-inch-windows-8-1-bay-trail-tablet-01

『Ramos i8 Pro』のスペックと価格

 『Ramos i8 Pro』は画面サイズ8インチ(解像度:1280x800)IPS液晶を搭載。CPUにはIntel Atom Z3740 クアッドコアプロセッサ、RAM2GB。前面と背面に200万画素のカメラを搭載。内部ストレージは32GBで外部メモリとしてMicroSDカードスロットを搭載。

 通信はWi-Fi、Bluetooth。OSはWindows 8.1が搭載され、DELLやASUSなどと同じようにOfficeがプリインストールされる模様。

ramos-i8-pro-8-inch-windows-8-1-bay-trail-tablet-02

 liliputingによるとRamosは中国国内だけではなくAliExpressやPandawillといった代理店を通して海外ユーザーが購入できるようにする傾向があるとのこと。

 現在、販売中の8インチAndroidタブレット「Ramos i8」はAliExpressにて200ドル程度から購入可能となっています。

 『Ramos i8 Pro』の価格について、1Pad.cnでは2000元(約3.3万円)を超えない可能性が非常に高いとしており、Androidタブレットと同じく格安タブレットがWindowsでも登場しそうです。

Source:liliputing / 1Pad.cn

よく一緒に閲覧される記事

3型Jelly 2受付開始で早くも5千万円を獲得、RAM6GBな超小型おサイフケータイ

UnihertzがRAM6GBにFeliCaをサポートする3インチ

3キャリア対応/RAM4GB/6.49型スマホが12720円に、アマゾン特選1日セール

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいてメモリ4GB

世界最小スマホ再び、まもなくRAM6GB「Jelly 2」登場・価格・スペック

2017年にUnihertzが2.45インチという世界最小のLTEスマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑