SPIGEN製Nexus 5用ケースを1か月使用した感想+ちょっとしたアイデア

公開日: : スマートフォン ,

 SPIGEN製Nexus 5用ケースを1か月使用した感想と、ちょっとしたアイデアを記録します。

DSC01448-Nexus5-SPIGEN-Case-Tabkul.com-Review

SPIGEN製Nexus 5用ケースを1か月使ってみた

 2月14日に到着したSPIGEN製Nexus 5用ケース、Nexus 5の交換やSIMカードの抜き差しなどで、本日までに10回近く脱着を繰り返しました。

DSC01451-Nexus5-SPIGEN-Case-Tabkul.com-Review

 SPIGENNexus 5ケースは、前面を除きフルカバー仕様、Nexus 5保護という目的を見事に満たしてくれています。しかし、SIMカードの抜き差しを行うたびにケースを取り外す必要があり、その際、バンパー部がプラスチックのため、割れてしまうのではという不安がありました。今のところパンバーの破損はありませんが、購入する際は予め知っておくと不満が少なくなると思います。

DSC01453-Nexus5-SPIGEN-Case-Tabkul.com-Review

 実際に使ってみて、素のNexus 5に戻れないとまで思えたパーツは、電源や音量といったボタン類です。見た目もよく、特に押しやすさが大きく向上しました。

SPIGEN製Nexus 5 ケースのデメリットと足りない機能

DSC01454-Nexus5-SPIGEN-Case-Tabkul.com-Review

 SPIGENNexus 5ケースにも、全くデメリットがないわけではなく、バンパー関係で横幅が増えてしまいます。とはいえ、持ちやすくなっていると感じているので完全なるマイナスとはいえません。

 また、足りない機能としてSPIGENはスタンド機構を備えていません。そのため、タブレット用に購入したバンカーリングを装着することで対処しています。

DSC01456-Nexus5-SPIGEN-Case-Tabkul.com-Review

 バンカーリングは、Qiによるワイヤレス充電が行えるよう、端に装着しています。

SPIGEN製Nexus 5 ケース、ちょっとしたアイデア

DSC01450-Nexus5-SPIGEN-Case-Tabkul.com-Review

 本当にちょっとしたアイデアなんですが、SIMカードを抜き差しするための小道具(画像中央)をカバーに入れています。定期的にNexus 5の箱を取り出す手間がなくなり地味に便利です。

SPIGEN Nexus5 ケース

SPIGEN Nexus5 ケース

SPIGEN Nexus5 ケース
SPIGEN SGP
価格: 2,835円 レビュー57件(2014/03/27現在)

前回の記事よりレビュー数が増えています。



 Nexus 5 レビュー記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

バルミューダ製スマホ「BALMUDA Phone 」が11/16発表へ、ティザーページ公開

バルミューダは11月8日、新たにAnother.」というキャッチコピー

本気のLinuxスマホ「PinePhone Pro」は買いか、スペック・価格

PINE64が数日前に発表した最新Linuxスマートフォン「PineP

富士フィルムがペン/折り畳みスマホ開発中か、特許出願が判明

カメラメーカー富士フィルムが米国の特許庁(USPTO)において折り畳み

→もっと見る

PAGE TOP ↑