イオンのスマートフォン、第一弾は『Nexus 4』とデータ+通話で月2980円を4月提供へ―安いのか考える

公開日: : 最終更新日:2014/03/31 スマートフォン , , ,

 イオンが格安スマートフォンの販売を開始、第一弾としてLG製『Nexus 4』と日本通信のデータ通信し放題+通話プランをセットにしたスマートフォンを4月より発売すると日本経済新聞が報じています。

Nexus4-01

Nexus 4+日本通信=2980円

 日本経済新聞によると、イオンは4月4日より携帯電話売り場がある全国の約170店舗で「イオンのスマートフォン」を発売、スマートフォンはGoogleのNexusブランドを冠するLG製『Nexus 4』を採用、端末代金34,080円を24回払いで月額1,420円。

 SIMカードはドコモMVNOの日本通信が提供、通信速度200kbpsで使い放題のデータ通信に、30秒20円の音声通話が利用可能なプランで、月額1,560円。

 ドコモやKDDIといった大手キャリアと異なり、2年解約ながら解約金の請求はなく、端末の未払い分だけで済むとのこと。

イオンのスマートフォンは安いか高いか

 SIMフリー版『Nexus 4』についてAmazonの並行輸入品を調べてみると、マーケットプレイス価格で8GBが約3.3万円、16GBが約3.7万円となっていました。イオンの『Nexus 4』が16GBモデルと仮定すると、端末だけに限った話であれば「保証」+「価格差3,000円」ほどオトクになります。

 あとはセットとなっている日本通信SIMカードの通信速度が200kbpsに近い数字が出せるのか、音声通話付きで月1,560円x24か月が妥当かといったところでしょうか。

 MVNO利用料金は通信速度の向上と、値下げ合戦が繰り広げられているので長期契約は不利(モバイル通信の記事一覧へ)とも考えられますが、解約金がないということであれば、『Nexus 4』の価格差3,000円分に相当する2か月間(3120円)使ってみてから判断するのは良いかもしれません。

Google Nexus 4 16GB

Google Nexus 4 16GB

Google Nexus 4 16GB

価格: 36,800円 レビュー1件(2014/03/30現在)

SIMフリー版の16GBモデル。



Source:日本経済新聞

(追記:2014年3月31日)

 正式な発表がありました。
 イオンのスマートフォン、『Nexus 4』を8000台限定4/4発売へ

よく一緒に閲覧される記事

RAM8GB/90Hz/6.5型「Blackview A85」が発売記念50%OFFに、スペック・価格

Blackviewよりミドルレンジながらリフレッシュレート90Hzに

(20%還元)おサイフケータイ対応6.8型「moto g52j」が楽天スーパーDEAL対象に

モトローラが2022年6月に発売したばかりの同社初となるFe

SDN888/120Hzの6.67型「Xiaomi 11T Pro」が20%還元に、スペック

シャオミ公式ストアが販売するQualcomm Snapdra

→もっと見る

PAGE TOP ↑