Surface mini、4月2日開催のイベントで発表か

公開日: : Microsoft Surface ,

 Microsoftが4月2日から開催する開発者会議「BUILD 2014」において、画面サイズ7~8インチのWindows RT 8.1搭載タブレット『Surface mini』を発表する可能性を中国メディアが伝えています。

Microsoft-Could-Unveil-the-Surface-Mini-Next-Week-Report

Surface mini、発表の噂

 Win8Chinaは、Microsoftがサンフランシスコで開催される開発者会議「BUILD 2014」で、「Office for iPad」「Windows 8.2 / Windows 9」「Windows Phone 8.1」「Surface mini」について発表する可能性を伝えています。

 Softpediaによると、Surface miniの価格は250ドルほどで、画面サイズは7~8インチ、OSはWindows RT 8.1を搭載し、「BUILD 2014」が開催される週に発表といった内容。cnbetaでは噂ながら、「Surface mini」のスペックを伝えています。

  • 画面サイズ:7.5インチ
  • CPU:NVIDIA Tegra K1
  • OS:Windows RT 8.1
  • 価格:250ドル(1500元)

 Surface miniの噂については、ZDNetのMary Jo Foley氏が昨年9月に投稿した記事で、画面サイズが7~8インチとなり、2014年春ごろ発表される可能性を伝えていました。その際、Surface miniの開発が遅れた理由としてXBOXに注力していたとしていました。

よく一緒に閲覧される記事

48時間限り、日本MSがSurface最大30%オフ「いい買い物の日キャンペーン」開始

日本マイクロソフトが直販サイト「Microsoft Store」に

Surface Pro Xが日本でも発売へ、Surface Earbudsの投入も明らかに

日本マイクロソフトは10月17日、米国で発表されたSIMフリーのA

(速報)Surface Pro X発表、10.7万円の常時起動SIMフリーARMノートPC/ペンホルダー付きなどスペック

かねてより噂されていたARM版Surfaceが登場した。 Mic

→もっと見る

PAGE TOP ↑