Google 日本語入力マジックハンドバージョン発表―動画、スペックほか

公開日: : ニュース ,

 Googleは4月1日Google 日本語入力マジックハンドバージョンを発表しました。スペックなどを記録します。

Google-IME-hands0

Google 日本語入力マジックハンドバージョンのスペック

 Google 日本語入力マジックハンドバージョンは、スティックとボタンを1基ずつ備え、インターフェイスは「USB 2.0(タイプ A)× 2、Bluetooth、無線LAN(IEEE802.11n/g/b)、IrDA」。センサーはレーザー測域センサー(クラス1レーザー使用)、CMOS カメラ。バッテリーは最長17時間駆動。

 アーム収納時のサイズは100mm(W) × 390mm(H) × 180mm(D)、展開時の長さは 580mm。重量は800gで、モバイル向けとなっています。

 付属品は、電源アダプター、モバイルデバイス用スタンド、キャリーバッグ、クイック指示ガイド、保証書。

 カラーは青、赤、黄、緑を用意しており、発売日と価格は市場調査の結果を踏まえて決めるとしています。

豊富なハンドたち

Google-IME-hands

 Google 日本語入力マジックハンドバージョンには、右手(3種)、左手(3種)、猫の手、孫の手、奥の手が用意されており、その日の気分に合わせてハンドを選べるとしています。さらにモバイル版としてネクタイ型を開発しているとか、していないとか。

Google 日本語入力マジックハンドバージョンは使えるか

 稼働音が30dB(標準) / 22dB(猫の手使用時)と、少々大きいのが気がかりですが、800gと軽量で持ち運びが可能であることや、モールスバージョンパタパタバージョンよりも直感的な使い方ができること、また、動画で紹介されていたように、ネイルをしていたり、指紋汚れ対策、手袋をしていても使えるといった問題をすべて解決するというメリットを考えると、丸1年かけて開発しただけあり、「使える」デバイスでありそうです。

 いやはや、Googleのハードウェア開発力には頭が下がります。

Source:Google 日本語入力マジックハンドバージョン

よく一緒に閲覧される記事

携帯3社、基地局からHuawei/ZTEなど中国製品を除外へ

共同通信は12月10日、携帯電話大手3社が基地局などの通信設備から中国

iPhone XR vs Pixel 3の落下テスト動画、日常に近い落下を耐えた端末は

日本で初投入となったPixelスマートフォン「Google Pixel

DeNAが『0円タクシー』発表、都内50台で運用開始・走行時間など

ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月5日、次世代タクシー配車アプリ「

→もっと見る

PAGE TOP ↑