Tegra Note(Android 4.4.2)root化(前編)―デジタル署名とセキュア ブート ポリシーの無効化とUSBドライバの導入

公開日: : その他・中華タブレット

 Taskerのプラグインでroot権限が必要となったので、Tegra Note(Android 4.4.2)のroot化を行います。今回はUSBドライバのインストールまでに行ったデジタル署名とセキュア ブート ポリシーの無効化を記録します。

PC040705-TEGRA-NOTE-Tabkul.com-Cover-UNBOX

Tegra Note(Android 4.4.2)のUSBドライバ導入

 (ご注意)この作業を行うとTegra Noteの保証がなくなるほか、初期化されてしまいます。また、Windowsへインストールするソフトウェアが安全である可能性もありません。全て自己責任で行いください。

 Tegra Noteroot化するためにはWindows側でデバイスが認識されないといけません。

Tegra-Note-USB-Driver-01

 Tegra NoteとパソコンをUSBケーブルで接続、デバイスマネージャーで確認すると、正しく認識されていません。

 Tegra Note(Android 4.4.2)のUSBドライバー導入について、Android SDKからインストールする方法もありましたが失敗してしまったので、「Impactor.exe」を使った方法で行いました。作業環境は「Windows 8(8.1ではない)64bit搭載ノートPC」。

 有志によりGoogleドライブへアップロードされたファイル「Impactor_0.9.14.zip」をダウンロードし、解凍。

 実行ファイル「Impactor.exe」を管理者権限で実行し起動、その後、Tegra NoteとパソコンをUSBケーブルで接続します。

Tegra-Note-USB-Driver-06

 「Cydia Impactor」起動後、上部メニューよりUSB→Driver Scanを選択、小さいウィンドウが表示され「Tegra Note」を選択するとインストールが開始されますが、失敗したというメッセージが表示されてしまいます。

セキュア ブート ポリシーとデジタル署名を無効にする

Tegra-Note-USB-Driver-04

 デジタル署名が邪魔しているので、無効にするコマンドを入力、しかし、セキュア ブート ポリシーによりエラーとなってしまいました。

  • デジタル署名の確認を無効:「bcdedit /set testsigning on」
  • デジタル署名の確認を有効:「bcdedit /set testsigning off」

 デジタル署名を無効にするために、BIOS設定からセキュア ブート ポリシーを無効にします。

DSC01488-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 Windows 8でチャームから「設定」→「PC設定の変更」、全般を選択。

DSC01489-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 ページ最下部の「PCの起動をカスタマイズする」を選択。

DSC01490-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 再起動後、トラブルシューティングを選択。

DSC01491-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 詳細オプションを選択。

DSC01492-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 UEFI ファームウェアの設定。

DSC01493-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 再起動。

DSC01495-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 BIOS画面が表示されたら、Securityタブにある「Secure Boot」を選択。

DSC01496-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 Disabled(無効)に設定。

DSC01497-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 セーブして終了を選択。

DSC01498-BIOS-Secure-Boot-Settings-Tabkul.com-Review

 Yes.

Tegra-Note-USB-Driver-05

 パソコン再起動後、再びデジタル署名の確認を無効にするコマンド「bcdedit /set testsigning on」を入力、今度は成功しました。

 その後、「Cydia Impactor」を起動し、Driver Scanを再度実行したところ、ドライバのインストールに成功しました。

 念のため、コマンドプロンプトから「adb devices」で認識されているか確認、無事に表示されました。

 次回からTegra NoteのBootLoaderのアンロックを行いたいと思います。

ZOTAC NVIDIA Tegra Note 7

ZOTAC NVIDIA Tegra Note 7

ZOTAC NVIDIA Tegra Note 7
Zotac
価格: 25,408円 (4%OFF) レビュー12件(2014/04/01現在)

 



 Tegra Note レビュー・関連記事

よく一緒に閲覧される記事

8.4型OneMIX 3S発売、メモリ16GBに512GB SSDなどスペック・価格

中国ONE-NETBOOKは5月21日、筆圧検知4096段階ペンや

8インチUMPCの4機種スペック比較、One Mix 3 / 3s と CHUWI MiniBook / TopJoy Falcon2

昨日はUMPCデイと言えるほど、小型ノートパソコンの話題が多かった

最強UMPC『One Mix 3S』発表へ、今度はメモリ16GBに512GB NVMeなどスペック

ONE-NETBOOK Technologyは5月17日、新たに最

→もっと見る

PAGE TOP ↑