重さ2g、5GHz専用の無線LAN子機『GW-450S(手裏剣)』発表―11ac対応で4月発売へ

公開日: : 周辺機器 ,

 プラネックスコミュニケーションズは4月2日、新規格IEEE802.11ac対応し、5GHz専用とすることで約2gと小型軽量化を実現した無線LAN子機『手裏剣(GW-450S)』を4月中旬より発売すると発表しました。

planex-01

『GW-450S(手裏剣)』のスペックと価格

 無線LAN子機『手裏剣(GW-450S)』は、5GHz専用の11ac対応(最大433Mbps)無線LAN親機で、2.4GHzに対応しないことで小型「約16.0×18.8×7.3mm」軽量化「約2g」を実現、WPSボタン付きでは世界最小クラスとのこと。 参考価格は税抜2,480円となっています。

 対応規格はIEEE802.11ac(最大433Mbps)/IEEE802.11n(最大150Mbps)/IEEE802.11a(最大54Mbps)、通信周波数は5GHz帯(W52/W53/W56)。セキュリティはWPA2-PSK(AES/TKIP)、WPA-PSK(AES/TKIP)、WEP(64/128bit)に対応。

 対応機種はUSB2.0/1.1ポートを搭載したWindowsパソコンまたはMac、消費電力は最大約 1.5W。

PLANEX GW-450S 手裏剣

PLANEX 11ac/n/a 433Mbps 5GHz専用 USB2.0対応 無線LAN子機 超小型モデル GW-450S 手裏剣

PLANEX GW-450S 手裏剣
プラネックス
価格: 2,604円 レビュー0件(2014/04/02現在)

発売予定日は2014年4月15日とのこと。5GHz専用の無線LAN子機。



 ノートPCの邪魔にならないサイズなので試したくなる製品です。

Source:プラネックス

よく一緒に閲覧される記事

MOFT Carry Sleeveを注文、購入した理由。

クラウドファンディングで募集を開始したMOFTのスタンド機能を備え

MOFTに新作、角度2段の折り畳みPCスリーブケースの出資開始

スマートフォンやタブレットの背面に貼り付けて折り紙のようにスタンド

ANKERヒット商品に後継機種、Anker PowerCore III Fusion 5000が予約セール開始

アンカー・ジャパンは6月30日、コンセント一体型のモバイルバッテリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑