格安SIMカード『hi-ho LTE typeD』、音声通話を7/1より月額300円の値下げ

公開日: : その他、最新情報

IIJグループのプロバイダー「ハイホー」は6月26日、「hi-ho LTE typeD」シリーズで提供している音声通話対応SIMの月額利用料金を2014年7月1日から300円値下げすると発表しました。

hi-ho-voice-01

hi-ho LTE typeD、音声通話の月額料金を値下げ

 7月1日より「hi-ho LTE typeD」シリーズで音声通話対応SIMを選択時に追加で発生する月額利用料金が1,000円から700円へ値下げとなり、これにより同日から提供が開始される「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 【LTE】」における音声通話対応SIM選択時の月額利用料金も6月13日に発表した料金と異なるとしています。

hi-ho-voice-02

 本家インターネットイニシアティブは6月26日に「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の音声通話機能付きSIMカード(愛称:みおふぉん)を割り引き価格で利用できる「みおふぉん夏割! ご愛顧感謝キャンペーン」を2014年7月1日より開始、後にキャンペーン価格を正式価格にすると発表しています。

 hi-hoは本家と異なり一気に値下げ発表となりました。

 IIJグループの料金値下げによる競合他社の動きを注視したいと思います。

 後ほど「1000円以下のドコモMVNO一覧まとめ 料金/制限の比較ほか」を更新します。

Source:hi-ho

よく一緒に閲覧される記事

格安SIMの人気ランキング調査結果2019年9月版が発表、データ専用SIMの上位5社など明らかに

MMD研究所は9月18日、MVNOに関する内容について、15歳~6

格安SIMの新料金プランを比較、1位の楽天モバイル vs 2位のワイモバイル

格安SIMの中でも人気の楽天モバイルと、ソフトバンクのサブブランド

mineo、速度制限で月450円を減額する『エココース』提供開始・比較動画

オプテージは9月2日、モバイル通信サービス「mineo」において混

→もっと見る

PAGE TOP ↑