次期OS『Android L』、Google内部の愛称は『LMP』か―リリース時期ほか

公開日: : Android

 現在、『Android L』と呼ばれている次期Android OSの愛称について、昨日のWi-Fi認証やAOSPなどの情報から『LMP』(Lemon Meringue Pie)である可能性が高くなってきました。

LMP-AOSP

Android Lは『LMP』と呼ばれる可能性

 有料のアンチウィルソフトが実は機能していない画面表示だけのフェイクであるなどをアプリ解析により明らかにしてきた「Android Police」によると『Android L』の愛称は『LMP』、Lemon Meringue Pie(レモンメレンゲパイ)になる可能性があるとのこと。

 LMPという文字は3つの公式情報に掲載されているとしています。

 1つ目は、現在Nexus 5 / Nexus 7 (2013)限定で公開されているAndroid L PreviewのAndroid SDKを展開すると「lmp-preview-release」という文字が確認できたとしています。

 2つ目は、昨日のWi-Fi認証情報のファームウェア欄(記事冒頭の画像)に『LMP』という文字があります。

 そして3つ目は、Android Open Source Project レポジトリで『LMP』と検索すると数件ヒットするとのこと。

 同メディアは最後にAndroid 4.4 が土壇場で「KLP – Key Lime Pie」から『KitKat』に名称を変更し、ネスレのキットカットと見事なコラボレーションを発表している事例を挙げ、『LMP』(Lemon Meringue Pie)はGoogle内部の話である可能性を伝えています。

 KLPとLMPの共通項目は略称であり、シンプルでメーカーとのコラボレーションを考えるならKitKatと同じような馴染み深い菓子の名称になるかもしれません。

 最近、次期Nexusシリーズの情報が増えてきています。

 これらの情報から10月上旬までにAndroid Lを搭載した次期Nexusシリーズがリリースされる可能性が考えられます。早ければ9月にも何らかのアクションがありそうですね。

Source:Android Police

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑