続:【Nexus 7 地デジ化】 Sony製ブルーレイ・DVDレコーダーで悩む編

公開日: : 最終更新日:2012/10/22 Google Nexus7

Nexus 7 のワンセグも成功し、残るは「Nexus 7 地デジ化」なわけですが

Twonky Beam」に対応しているSonyのレコーダーで悩んでいます。

3チューナー搭載で最安値を狙うか、2チューナーで外付けHDD対応が良いのか

全部入りで高額狙いか、、、、先月発売された新型か。。。

どれが良いのか比較したので忘れないよう記録しておきます。

BDZ-ET1000

Sony製ブルーレイ・DVDレコーダーで悩む編

前回は、アプリ「Twonky Beam」のレビューより

ライブ視聴ができたという製品を書き出しておきました。

(情報は2012/10/07時点のものです。)

<レビューから抜粋>

  • タブレット名 : 視聴機器名
  • Nexus7 : SONY BDZ-AT970T64,000円、3番組同時、レビュー9件
  • Transformer TF101 : SONY BDZ-AT970T (同上)
  • isw12ht : SONY BDZ-AT950W53,200円、2番組同時、レビュー14件
  • HTC J : SONY BDZ-AT950W (同上)
  • 機種不明 : SONY BDZ-AT950W(同上)
  • 機種不明 : SONY BDZ-AT770T45,180円、3番組同時、レビュー7件

これ以外の選択肢も含めて今一度、何が良いのか探していましたが

DIGAはバージョンアップで音しか出ないといった声もあり

結局、Sony製品が安全だという結論に至りました。

そして、タイミングが良いのか悪いのか

発売から1年が経過した時期になっていてSonyの新製品が登場しています。

さらに困ったことに「無線LAN対応」など魅力的です。

その中でも3番組同時録画の「BDZ-ET1000」が気になりました。

しかし、発売当時ということもあり現在約8万円と割高です。

そこで先代機種で似ている価格帯の価格推移から購入時期を占ってみたいと思います。

過去の値下がり率から「BDZ-ET1000」の購入時期を考える

BDZ-ET1000」は価格コムの価格推移で見ると

  • 9/19:平均106,410円、最安98,820円から
  • 10/19:平均86,929円、最安70,555円へと

わずか1ヶ月間に2~3万円の値下がりをしています。

  • 値下げ額:平均19,481円、最安28,265円

やはり発売したばかりの時は値下がりが激しいですね

ここで重要なのは、値下げの休憩時期だと思います。

発売当時の平均価格が「BDZ-ET1000」より1万円程度高いですが

「BDZ-AT950W」を例に値下がりの休憩時期を探してみました。

  • 発売当時の価格(8/23):最安で111,000円にて登場
  • 発売後1ヶ月目(9/23):最安で2,000円値下がり
  • 発売後2ヶ月目(10/23):最安で40,167円値下がり
  • 発売後3ヶ月目(11/23):最安で47,633円値下がり

という感じで、現在の価格帯に落ち着いたのは「1/23での最安61,402円」でした。

値下がり金額にすると「1/23:49,598円」です。

そのことから考えると3ヶ月目あたりで購入すれば

1年後も変わらない値段で購入できる可能性が高くなります。

少し早め2ヶ月で購入しても許容範囲だと思います。

BDZ-ET1000」の価格推移を見てみると登場した日が9/19ですから

11月の中旬に一度価格下落が開始されるかも知れません。

もちろん他社がSonyの新製品に対応したり、スルーしたりで状況は変わります。

2~3ヶ月目辺りに「BDZ-ET1000」が更に2万円安くなるかも知れません。

11/19:56,000円くらいで予想を立ててみました。

あとは今購入するプライスレス感の話になると思います。

新製品でTwonky Beamは使えるのか調べてみた

新製品の注意点はサードパーティー関係の対応が遅れることだと思います。

Twonky Beam」に関してもレビューを欲しがる声があがっています。

ネット上での貴重な情報としては、、、、

「BDZ-ET2000」は「Twonky Beam」が使えなかったというレビューがあります。

1ヶ月ほど寝かせておくとアプリと価格がこなれてくるかも知れませんね。

それで、何を買うのか、、、

無線LANがある新機種を知ってしまうと悩んでしまいますが

動作報告があり安価になっている「SONY BDZ-AT770T」が有力ですね

あと気軽に買える「nasne」でしょうか

アプリ「Twonky Beam」が対応されるなら「BDZ-ET1000」を購入したいところです。

んーーー、、、

悩みはつきません。

価格の記録

BDZ-ET1000」:送料込み 74,480円(レビューなし)

この話には続きがあります。

続々:【Nexus 7 地デジ化】 「nasne」を注文、既知の問題点を調べてみた

この記事に辿り着く前の話

【Nexus 7 地デジ化】 神アプリ「Twonky Beam」で地デジを見る (準備・調査編)

製品情報:Sony BDZ-ET1000

よく一緒に閲覧される記事

Huawei Nexus 7P、一部スペックがリークか

 Googleから2016年内にリリースされるのではないかと期待されて

Huawei製 Nexus 7 (Pixel 7)が2016年内に発売か、RAM4GBなど

 Googleの次期Nexusタブレット『Nxus 7 (2016)』

Nexus 7 (2013) 向けに非公式「Android 7.0 Nougat/AOSP」リリース

 Googleがリリースした最新「Android 7.0 Nougat

→もっと見る

PAGE TOP ↑