『ぷららモバイルLTE』は今も快適か、『WiMAX』とスピードテスト比較

公開日: : Wimax ,

 茶封筒にSIMカードが入っているとは知らず9月5日より使い始めた『ぷららモバイルLTE』、利用者数が増えるなか速度に変化はないのかスピードテストを試した結果を記録します。

DSC03232

スピードテスト比較、『ぷららモバイルLTE』vs『WiMAX』

 『ぷららモバイルLTE』と『WiMAX』のスピードテストはAndroidスマートフォン『Nexus 5』で行いました。また、2回線とも据置型の無線LANルーターへ接続し、Nexus 5とは11aで接続しています。

 それぞれ2回ずつ計測しました。

plala1

 先行は『ぷららモバイルLTE』、自ら設定した最大3Mbpsという制限を超えた素晴らしいスピードです。

plala2

 2回目、上りで3Mbps超えるMVNOサービスは珍しいと思います。

WiMAX1

 次は『WiMAX』、下り5.88Mbpsと素敵ですが上りは相変わらず1~2Mbps台のようです。

WiMAX2

 2回目、上りが増えました。

『ぷららモバイルLTE』と『WiMAX』のスピードテスト結果

 ぷららモバイルLTEのスピードテスト結果は以下のとおり。

  1. 下り4.48Mbps/上り3.26Mbps
  2. 下り3.86Mbps/上り3.59Mbps

 WiMAXの結果。

  1. 下り5.88Mbps/上り1.48Mbps
  2. 下り5.80Mbps/上り2.10Mbps

 これまで日本通信やIIJmio、OCNモバイルONEなどドコモMVNOのSIMカードを使ってきましたが『ぷららモバイルLTE』は上りに強い印象があります。今回、『WiMAX』が下りで上回りましたが回線の安定性/対応エリアの範囲を考えると『ぷららモバイルLTE』の勝利という気もします。

 『ぷららモバイルLTE』は税抜き2,759円、『WiMAX』は税抜き3,696円となっていて解約時期や各種条件に注意しないといけない割安なキャンペーンを利用しても2年間運用で考えると、価格面/手軽さでも『ぷららモバイルLTE』が有利だと感じました。

 まだまだ知名度の低いMVNOサービスですが『ぷららモバイルLTE』とSIMフリー版iPhone 6/6 Plusで普及しそうな気配が出てきました。競合サービスの追随も含め今後も注視したいと思います。

 前回のスピードテスト結果

 モバイル通信の最新記事

よく一緒に閲覧される記事

Try UQ mobile、貸出機種に『Galaxy A30』を追加

UQコミュニケーションズは6月14日、au回線を使ったモバイル通信サー

WiMAX L01sで月間7GB超過後のスピードテスト結果、制限前後を比較

TryWiMAXで試用中のWiMAX L01sに上限として設定され

WiMAXホームルーターを携帯仕様に、DC変換USBケーブル購入レビュー「モバイルバッテリーで使えるか」

WiMAXのホームルーター型が屋内外ともに素晴らしい受信感度であっ

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑