壁掛け Windows 8 タブレット「TW21A-B36」が21.5インチで登場、スペック比較と使い道

公開日: : Windows 8

実にユニークな巨大タブレットが登場しました。

壁掛けにも対応するということで会議や打ち合わせにも使えそうです。

CPUが「Intel Core i7」にも対応するなどハイスペックも特徴です。

「TW21A-B36シリーズ」の3機種でスペック比較したいと思います。

gimg02-b

Windows 8 タブレット「TW21A-B36シリーズ」のスペック表

はじめにスペック表です。

TW21A-B36

CPUが「Intel Core i7」に対応している最上位タブレットはサクサクしてそうですね

メモリも4~8GBと詰め込んでいて動作に不安は無さそうです。

SDスロットも搭載していますしストレージも大容量です。

カメラや重量、GPSなどは潔く諦めるしかないので問題ないと思います。

このタブレットの魅力は「大きさ」と「ハイスペック」だと思います。

それにしても5kgというタブレットも凄いですね

持ち運ぶ際の機能もあり面白いタブレットです。

gimg013-b

バッテリーが2,200mAhと少ないながらも積んであるのがポイントでしょうか

またスタンド立てかけることができるため

Windows版 iMacといった印象でもあります。

gimg031-b

市販の壁掛け器具を用意すると壁掛けも可能ということです。

「TW21A-B36」は買いか

以下の2タブレットが気になりました。

  • 「TW21A-B36C7」が15.5万円(Intel Core i7)
  • 「TW21A-B36C5」が12.0万円(Intel Core i5)

お試しとして「TW21A-B36C5」あたりが欲しいと思いました。

Windowsといえば周辺機器の多さだと思いますが

タブレットではUSB経由など限られてしまい

「TW21A-B36C7」ほどのハイスペックを活かすシーンが

今の段階では思いつかないのが理由です。

動画編集・エンコードといった用途の他に何かあれば

ハイスペック・タブレットも良いと思えますが、、、

現状では、「i5」程度で事足りる気がしてしまいます。

その他にユニークな機能として壁掛けがあります。

デスクの奥に壁掛けると手が届きにくいので

会社の受付画面みたいな用途で使うイメージでしょうか

それはそれで、革新的です。

Source : ONKYO

よく一緒に閲覧される記事

Windows 8、発売1ヶ月でライセンス販売件数 4,000万に

米マイクロソフトは投資家説明会で現地時間27日 10月26日から

続・中華Windows8タブレット「LiveFan F1」の追加情報と画像とスペック表

「LiveFan F1」が気になってしまったので更に調べてみたところ

約26,000円の中華Windows8タブレット「LiveFan F1」が登場か

中華タブレットのWindows 8 搭載モデル「LiveFan F1」

→もっと見る

PAGE TOP ↑