年内発売のWindows8タブレット「Acer ICONIA W510」(7万円)をスペック表と動画で見る

公開日: : Windows 8

エイサーの「Acer Iconia W510」が年内日本発売ということで

新陳代謝の激しいタブレット業界で2ヶ月後に耐えうるスペックなのか

スペック表と動画を元に考えたことを記録しておきます。

Acer-ICONIA-W510-01

「Acer ICONIA W510」をスペック表から見る

はじめにスペック表です。

Acer-ICONIA-W510-spec

海外ではストレージが32GBと紹介されていますが

国内では64GB SSDと記載があり、日本向けでは64GBだと思われます。

前回の防水タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi QH55」に比べて

実用的なスペックで、価格を3万円ほど下げていることが最大の魅力だと思います。

しかし、Androidタブレットの「Nexus 10」等が安価かつ勢力を強めた時

ユーザー数の増加とともにオフィス系アプリが充実すれば

Windows勢も価格競争に引きずり降ろされる可能性があることから

7万円台が今後も安価なのかは難しいところです。

「Acer ICONIA W510」を動画から考える

Windows7時代のタブレットに比べるとサクサク感がありました。

別OSとも思えてしまいますが、過去のWindowsで使用したソフトウェアと

交互性があるということで、付加価値は高いですね。

キーボードドックを足せば9万円台になるということですが

バッテリーにも端子の増加も考えるとドックは必須かも知れません。

<Windows 8 防水タブレットの話>

防水タブレット / 厚さ9.9ミリ / 容量64GB / Windows 8「ARROWS Tab Wi-Fi QH55」は約10万円、スペック表

Source : Acer

よく一緒に閲覧される記事

Windows 8、発売1ヶ月でライセンス販売件数 4,000万に

米マイクロソフトは投資家説明会で現地時間27日 10月26日から

続・中華Windows8タブレット「LiveFan F1」の追加情報と画像とスペック表

「LiveFan F1」が気になってしまったので更に調べてみたところ

約26,000円の中華Windows8タブレット「LiveFan F1」が登場か

中華タブレットのWindows 8 搭載モデル「LiveFan F1」

→もっと見る

PAGE TOP ↑