続・中華Windows8タブレット「LiveFan F1」の追加情報と画像とスペック表

LiveFan F1」が気になってしまったので更に調べてみたところ

前回の記事とは 異なる情報 や 新しい画像 が入りました。

また購入時にUTMSという3G内蔵かを選択できるショップもあります。

それらの情報からスペック表を作成してみました。

livefan-f1-tabkul-05

「LiveFan F1」の追加情報と画像とスペック表

はじめにスペック表から、、、

livefan-f1-spec

前回と大きな違いはストレージとRAM、SDカードです。

ストレージは、SSDではありますが【32/64/128GB】と選べるようです。

そのため、SDカードが128GBに対応しているというわけではないかも知れません。

いくつかのサイトでは「SDカードが128GB」と表記していますが、、、

RAMは、4GBと画像にはありましたが【2GBと4GB】で選べるようです。

しかし、搭載CPU【Atom Intel N2600】についてインテルのサイトで調べると

最大RAM容量は2GBとなっているなど微妙です。

カメラですが、前回のスペック画像では前面130万画素という記載だけでしたが

背面に300万画素というサイトもありました。これは製品画像からも確認できます。

上記スペック表には記載していませんが、重量900gというサイトが幾つかあります。

梱包時の重量なのか最新情報なのかは検討が付きません。

液晶画面ですが、IPS液晶またはLED液晶というサイトがありました。

また、マルチタッチ5点か10点の2つに表記がわかれていました。

OSWindows 7 とWindows 8 のデュアルOSというサイトも存在します。

データ通信はUMTSが選べるサイトもありましたので3G内蔵かも知れません。

サイズやCPU、Bluetoothのバージョン、液晶サイズ、解像度、そしてバッテリー

どのサイトでも同じ表記でした。

「LiveFan F1」の画像

はじめに前面の画像です。

livefan-f1-tabkul-02-1

次に背面です。

両サイドにスピーカーがあるのでステレオかも知れません。

livefan-f1-tabkul-04-1

細部のパーツです。

背面の3.0メガピクセルは画像からも知ることができました。

 

livefan-f1-tabkul-03-1

「LiveFan F1」の感想

ストレージやRAMにオプションがあるということで

これまでのAndroidタブレットを販売してきた中華パッドメーカーとは雰囲気が異なりますね。

日本代理店とかで販売展開してくれれば人気出そうだと思いますが

色々と情勢が難しいのかも知れません。

前回までの「LiveFan F1」

約26,000円の中華Windows8タブレット「LiveFan F1」が登場か

よく一緒に閲覧される記事

Windows 8、発売1ヶ月でライセンス販売件数 4,000万に

米マイクロソフトは投資家説明会で現地時間27日 10月26日から

続・中華Windows8タブレット「LiveFan F1」の追加情報と画像とスペック表

「LiveFan F1」が気になってしまったので更に調べてみたところ

約26,000円の中華Windows8タブレット「LiveFan F1」が登場か

中華タブレットのWindows 8 搭載モデル「LiveFan F1」

→もっと見る

PAGE TOP ↑