199ドルで8型Windows『Toshiba Encore 2 WT8』発売―初代VT484とスペック・価格比較

公開日: : 東芝

 Windows 8.1 with Bingを搭載した8型タブレット『Toshiba Encore 2 WT8-B32CNM』がMicrosoft Storeにて価格199.00ドルで発売されました。記事投稿時点では在庫ありの状態となっています。初代VT484とのスペック・価格を比較した内容を記録します。

Toshiba-Encore-WT8-B32CNM-32GB-CWF-01784-Large

『Toshiba Encore 2 WT8-B32CNM』発売

 『Toshiba Encore 2 WT8-B32CNM』は艶消しサテンゴールドに丸みを帯びたエッジで持ちやすさを考慮するなど低価格ながらデザインが意識されたWindowsタブレット。

 日本で発売された初代Encore(東芝 dynabook Tab VT484)と比較したスペック表は以下のとおり。(Encore 2 のスペックはMicrosoft Storeより)

 タブクル調べ
 tabkul.com
TOSHIBA Encore 2 WT8-B32 東芝 dynabook Tab VT484(Encore)
OS Windows 8.1 with Bing Windows 8.1 32bit
CPU Intel Atom Z3735Gプロセッサ
1.33-1.83GHzクアッドコア
Intel Atom Z3740(4)1.33~1.86GHz
ストレージ 32GB SSD 32GB/64GB
SDカード 最大128GB対応 最大64GB
RAM 1GB DDR3L-RS 1333 MHz 2GB (LPDDR3-1066)
液晶 8インチ/IPS液晶 8インチ/HFFS
解像度 1280 x 800 1280 x 800
前面カメラ 120万画素 200万画素
背面カメラ 500万画素 800万画素
Wi-Fi 802.11b/g/n(Miracast対応) 802.11a/b/g/n
GPS 不明 GPS
Bluetooth 搭載 Bluetooth4.0
HDMI  microHDMI microHDMI
サイズ 210.82x132.08x9.39mm 213×135.9×10.7mm
重さ 367.41g 約445g

 Microsoft Storeのスペック情報は公式と異なるケースが多々あり鵜呑みにはできませんが、5月27日のToshiba発表記事と比較して大きな差異はないように思われます。(バッテリーが1時間増えています)また、内部ストレージはSSDと表記されていますがeMMCと思われます。

初代Encoreとスペックを比較して

 『Encore 2』は画面サイズと解像度こそ同じながらカメラは前背面ともにスペックダウンし、Wi-Fiも11a非対応、RAMも1GBに抑えられています。それでもCPUは同等で薄型軽量化されていたりMicroSDカード最大128GBに対応するなど時代の恩恵を受けていないわけではないようです。

 このようにEncoreの名を引き継いではいますが初代のスペックが高いという状況になっています。これはIntelが他社製プロセッサを駆逐するキャンペーンを行い、MicrosoftがGoogle製Android OSの低価格タブレット普及によるコンテンツ消費を目的としたライトユーザー層のWindows離れ対策として低価格Windowsタブレットをメーカーに展開させていることで発生した世にも奇妙な現象と思われます。

 AndroidとWindowsの低価格タブレットで決定的な違いはシンプルUIで気軽にコンテンツが楽しめるアプリが充実しているAndroidに対し、Windowsタブレットはメトロアプリが充実する前に低価格&低スペックを決行したため肝心のライトユーザーがタッチ操作でEXE形式のソフトウェアを探すという使うに使えない展開になる可能性がある点でしょうか。

 ユーザーが増えてからが勝負というのもあるかもしれませんが一連の低価格Windowsが出揃った時にライトユーザーをターゲットとしたタブレット向けアプリが充実するのか注目です。

Encore 2と初代Encoreの価格比較

 Microsoft Storeにおける『Toshiba Encore 2 WT8-B32CNM』の販売価格は199.00ドル(約2.18万円)で、初代Encoreが329.99ドルで約3.3万円(日本では更に高い値段が付けられています。)と約1.12万円も安くなっています。

 スペックダウンしているとはいえ価格差を考えるとタッチ操作がメインのWindowsタブレットを買うか悩んでいるユーザー層には初代Encoreよりも魅力的なオファーに映るかもしれません。

Source:Microsoft Store

よく一緒に閲覧される記事

東芝、1090gの13.3型『dynabook UX53/D』発表―指紋などスペック・発売日

東芝は6月1日、2017年PC夏モデルとして重さ1090gの薄型軽量1

30分で7時間駆動、『TOSHIBA dynabook V』シリーズ発表―スペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは12月1日、都内で開催した新製品発表

12.5型TOSHIBA dynabook RX82/A 発表、デジタイザペン2in1タブレットPCのスペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは7月12日、dynabookブランド

→もっと見る

PAGE TOP ↑