Nexus 9 LTE版がFCC通過、16GBモデルの存在も明らかに

公開日: : Google Nexus

 『Nexus 9 LTE』と思われるHTC製タブレット「0P82300」がFCC認証を取得しました。FCC資料にはGoogle Playの販売ページにない「16GBモデル」のテストも掲載されていたようです。

nexus-9-fcc-lte

Nexus 9 LTEがFCC通過

 『Nexus 9 LTEモデル』と思われるタブレット(モデルNo.0P82300)のFCC IDは「NM80P82300」で米国時間11月3日付けで認証を取得しています。

 過去にFCCを通過した『Nexus 9 Wi-Fiモデル』のFCC IDが「NM80P82100」と非常に近い番号となっていますが、一部メディアでは他のHTC製タブレットではないかとも伝えています。FCC資料に「Nexus」といった文言はないようですが『Nexus 9 LTEモデル』であれば発売が近づいたことになります。

『Nexus 9 LTE』に16GBモデルが存在するらしい

 Droid Lifeによると、対応するLTEネットワークは「2, 4, 5, 7, 12, 13, 17, 25, 26, 41」の10バンドで、Verizon、AT&T、T-Mobile、Sprintなど幅広く対応しているほか、Google Playでは予約受付が用意されていない「16GBモデル」のテストがFCC資料にあったと伝えています。

 米国内の販売ネットワークによって16GBモデル/32GBモデルを切り替えるのでしょうか、それとも別のHTC製タブレットなのでしょうか。

 『Nexus 9 LTEモデル』はWi-Fiモデルより11g重い「436g」となっていて、サイズは同じでSIMカードスロットはnanoSIMサイズです。

 「Nexus 9 Wi-Fiモデル」は既に発売されており、発送メールを受信したので今週中には届くと思われます。

Source:FCCDroid Life

[yop_poll id=”7″]

[yop_poll id=”16″]

よく一緒に閲覧される記事

Pixel Tabletは指紋センサー搭載で充電ドックが2種類など、最新リーク

Googleが発売することを明らかにしている最新タブレット「Pixe

Google、Pixel 6a / Pixel 7 / Pixel 7 Proの修理マニュアル配布開始(ダウンロードURL)

Googleがフランスの規則に従って最新スマートフォン「Pixel

米国版「Pixel 7」の449ドルは買いか、日本版との違い

Pixel端末でLinuxやWindowsを起動できるpKVM、それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑