LG、AudiコラボのwebOS搭載スマートウォッチ『W120L』披露 #CES2015

 LGとAudiがコラボレーションしたスマートウォッチ『W120L』がCES2015にて披露されました。OSはAndroid WearではなくOpen webOSを採用しているほか、通話や自動車連携などのオリジナル機能が搭載されています。

lg-audi-watch-webos

LGがwebOSスマートウォッチ『W120L』を披露

 LGが披露したwebOSスマートウォッチのモデル名は『W120L』となっていました。また、CPUはQualcomm Snapdragon 400 MSM8626が搭載されているようです。

BluetoothとWi-Fiに対応

lg-audi-watch-webos.1

 Bluetoothに加えWi-Fi Macアドレスの画面があることから無線LAN接続が可能なようで最も外側に位置するボタンを押すことでネットワーク感度を表示できるようになっていました。

OSとアプリ

 OSは「LGE Open webOS」でカーネルバージョンは「3.4.0+」、ソフトウェアバージョンは「W120L08j」となっていました。

 アプリはメール、カレンダー、健康「LG Health W」、ボイスメモ、スマートフォンの捜索といった基本アプリに加え、通話やAudiアプリが用意されていました。

 Audiとのコラボレーションということで自動車の情報を閲覧したり一部操作するといった連携機能を備えているとのこと。

ハンズオン動画

 GoogleのAndroid Wear搭載スマートウォッチが「LG G Watch」であることから、円形デザイン「R」を付与するとしてwebOS搭載ということで「LG W Watch R」といった名称になるのでしょうか。

[yop_poll id=”25″]

Source:Android Central

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑