ヤマト運輸、メール便の終了に伴う新サービス「宅急便コンパクト」と「ネコポス」発表/特徴と配送料

公開日: : サービス

 ヤマト運輸は3月3日、メール便サービス終了に伴う配送プランとして個人・法人向けに小さな専用BOXで手渡しの宅急便サービス「宅急便コンパクト」と、事業者向けに翌日配達で全国一律の「ネコポス」を4月1日より開始すると発表しました。

9625-takuhasi.01

ヤマト運輸、「宅急便コンパクト」と「ネコポス」を発表

 「宅急便コンパクト」は個人・法人問わず誰でも利用できる小さな荷物専用の宅急便で、専用BOXが必要でサイズが制限される以外は時間帯指定や荷物追跡、対面配達といった同じサービスが適用されます。

 1994年に現行の6サイズ(60~160サイズ)となって以来、21年ぶりに宅急便のサイズを拡充したとしています。セールスドライバーの集荷や店舗への持ち込みに加え、コンビニでも受付を開始する予定とのこと。

9625-takuhasi.02

 価格は同一地域で税込594円~、3つの割引サービスを適用することで最大割引時は税込354円~になるとしています。

 外寸は専用BOXが縦25cm×横20cm×厚さ5cm、専用薄型BOXが縦24.8cm×横34cm。重量制限はないとしています。

「宅急便コンパクト」の配達料金

9625-takuhasi.03

 上記運賃に加え別途専用BOX代金として税込65円が必要とのこと。

メール便の代替サービス「ネコポス」登場

9625-takuhasi.04

 「ネコポス」は宅急便レベルの翌日配達とドライバーの集荷に対応、厚さ2.5cm以内の荷物をポストへ投函するサービス。

 利用可能なサイズは角形A4(31.2cm×22.8cm)以内、厚さ2.5cm以内で『11.5cm×23cm』より大きなものを対象するとしています。重量は1kgまで。

 利用者はヤマト運輸と契約した法人および個人事業者で、内容物は通販関連商材やサンプル品(化粧品、CD、DVDなど)、セールスドライバーによる集荷と店舗への持ち込みに対応し365日営業としています。(コンビニでは取り扱わないとのこと)

 配達方法はセールスドライバーを中心にポスト投函を行うとしています

「ネコポス」の利用料金

 利用料金は全国一律料金で上限は税込378円、料金例として月間100個ほどの発送であれば200円台半ばで利用できるとしています。

 「ネコポス」は個人間取引サイト(フリマ、オークション)の利用者向けに提供しており、その際はサイトごとに利用料金が異なるとしています。

 対面配達サービス「宅急便コンパクト」と、投函サービス「ネコポス」は2015年4月1日より利用可能となっています。

 前回のヤマト運輸
 ヤマト、クロネコメール便を3月31日に廃止/全国翌日配達の新サービスへ

 Source:ヤマト運輸

よく一緒に閲覧される記事

10分で配達、宅配専用スーパー「OniGO」開店・2021年中に25店舗へ

海外で増えている配達専用スーパー、いわゆるダークストアが8月25日に東

セブンイレブンの最短30分ネット宅配、全国2万店規模に拡大へ

セブン&アイ・ホールディングスがコンビニエンスストア「セブン―イレブン

「楽天全国スーパー」2021年秋スタート、西友に続きベイシアも

楽天は8月19日、スーパーマーケットのネット販売を支援する「楽天全国ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑