ヨドバシ、MNP転出1.1万円のワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プラン予約開始/注意点とメリット

 ヨドバシカメラは4月14日、ワイヤレスゲート初となる音声通話SIMカード「ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プラン」の予約受付を開始しました。

 販売価格は税込み3,240円。

WG-02

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プランの予約開始

 ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プランはドコモ回線を利用したMVNOサービスで、これまでデータ専用SIMカードだけを取り扱っていましたが、新たに音声通話に対応したSIMカードの提供を4月28日より開始します。

『ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プラン』の利用料金と注意点

 ヨドバシカメラで販売されているパッケージは税込み3,240円で10%ポイント還元の対象となっています。SIMカードはパッケージに同梱されておらず申込手続きと本人確認次第の発送になるとのこと。

  • 音声+256kbps データ通信プラン:月額1,300円 (無制限)
  • 音声+3GB データ通信プラン:月額1,700円
  • 音声+5GB データ通信プラン:月額2,300円
  • 音声+8GB データ通信プラン:月額3,500円

 『ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プラン』は2年間の長期契約を求める縛りや解約違約金などの撤廃を前面に押し出した音声通話SIMカードです。

MNP転出解約手数料は高額設定

 ワイヤレスゲートはMNP転出への対策として「解約違約金」ではなく「MNP転出解約手数料」に高い価格設定(税別11,000円)で対処しています。

 そのため解約違約金だけチェックして契約してしまうと2年経過後にMNP手続きを行おうとしても1.1万円+税金が請求されるため注意が必要です。

ワイヤレスゲートMNPのメリット

 音声通話SIMといえば2年間の契約を求められ、期間内に解約すると違約金が請求されます。しかし、ワイヤレスゲートはMNP転出さえしなければプリペイド感覚で音声通話SIMを利用できると思われます。

 また、MNPキャッシュバック目的で頻繁に契約期間内の転出を繰り返しているユーザーにとっては解約違約金を設定しているサービスよりも通常のMNP転出手続きになるためブラックリストに掲載されにくいというメリットがありそうです。

 『ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プラン』はワイヤレスゲート版プリペイドSIMカードと言えそうです。

 前回のワイヤレスゲート
 違約金0円/2年縛りなし、『ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE音声通話プラン』4/28発売を発表/格安SIM

Source:ヨドバシカメラ

よく一緒に閲覧される記事

格安SIMの新料金プランを比較、1位の楽天モバイル vs 2位のワイモバイル

格安SIMの中でも人気の楽天モバイルと、ソフトバンクのサブブランド

mineo、速度制限で月450円を減額する『エココース』提供開始・比較動画

オプテージは9月2日、モバイル通信サービス「mineo」において混

mineo「お試し200MBコース」発表、MNPも解除料なく短期契約が可能に

オプテージは8月27日、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」

→もっと見る

PAGE TOP ↑