Google、従量課金制MVNOサービスを4/22提供へ―WSJ

 The Wall Street Journalは米国時間4月21日、Googleが複数の通信キャリアをまたいだ従量課金制の通信サービスを現地時間4月22日より提供開始すると報じました。

Nexus6

Googleが従量課金制MVNOサービスを4/22提供へ

 WSJによるとGoogleはSprintとT-Mobileのワイヤレスネットワークを自動で切り替えることができる通信サービスを提供するとしており、回線が混雑した時は快適なキャリアを利用できるとのこと。

 利用料金は定額制ではなく、サービスを利用した量に応じて請求金額が変化する従量課金制。ユーザーは使わない余分なデータ通信に対して支払うことなくムダのない安い料金で通信サービスを利用できるとしています。

 Googleの従量課金制MVNOサービスは「Nexus 6」に限定される模様。

Source:The Wall Street JournalNeowin

よく一緒に閲覧される記事

格安SIMの新料金プランを比較、1位の楽天モバイル vs 2位のワイモバイル

格安SIMの中でも人気の楽天モバイルと、ソフトバンクのサブブランド

mineo、速度制限で月450円を減額する『エココース』提供開始・比較動画

オプテージは9月2日、モバイル通信サービス「mineo」において混

mineo「お試し200MBコース」発表、MNPも解除料なく短期契約が可能に

オプテージは8月27日、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」

→もっと見る

PAGE TOP ↑