au系の格安SIM『mineo』、ドコモ回線も提供か

公開日: : au MVNO ,

 ケイ・オプティコムが格安SIMサービス『mineo』(マイネオ)において、現在のKDDI(au)MVNOに加え新たにNTTドコモの回線を借りてサービスを提供する方針だと日本経済新聞が報じました。

mineo-hp

ケイ・オプティコムの『mineo』、ドコモ回線も提供か

 ケイ・オプティコムの『mineo』といえば数少ないKDDI(au)MVNOとして存在していますが、Appleのモバイル用OS「iOS」の一部バージョンで利用不可となり、今後も対応予定がないなど苦しい状況が続いています。(参考:au MVNO『mineo』が「iOS8.1」でも利用不可、今後の対応予定なし

 今回、ドコモMVNOとしてKDDI(au)と2つの回線を提供することになれば個人向けとしては初となるMVNOサービスとなります。(法人向けではIIJが提供中)

 日本経済新聞によると「ドコモは回線貸出料がKDDIより2割ほど安い」ということなのでKDDI(au)回線サービス料金より低価格が期待できます。(下図は2015/05/01から適用された料金表)

press13_2

 しかし、ドコモMVNO界隈は「OCN モバイル ONE」や「IIJmio」系などが品質と価格で競い合う激戦区となっており、サービス単体では他社との差別化が難しいと思われます。

 『mineo』によるドコモ回線の月額料金やサービス内容はもちろん、2つの通信キャリア回線を提供することによるOCNやIIJなどへの影響も楽しみにしたいと思います。

 前回のau MVNO

Source:日本経済新聞

よく一緒に閲覧される記事

UQ mobile、データ最大30GB無償化の延長を発表

UQコミュニケーションズは4月27日、新型コロナウイルスにより実施

UQ mobileが月間30GB支援措置を発表、支払期限の延長など

UQコミュニケーションズは4月6日、新型コロナウィルス拡大に伴う支

UQ mobile 「かけ放題(24時間いつでも)」発表、12月18日から月額1700円で

UQコミュニケーションズは12月16日、UQ mobileの「スマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑