スティック型PC『Intel Compute Stick』のロードマップ流出、USBケーブル不要のCore Mプロセッサ+RAM4GB搭載モデルは2015年Q4にリリースか

 日本でも発売予定となっている『Intel Compute Stick』のロードマップが流出し、2015年第4四半期にCore MプロセッサとRAM 4GBを搭載したモデルをリリースする計画であることがわかりました。

Intel-Compute-stick-roadmap

『Intel Compute Stick』のロードマップ流出

 ロードマップにはCore M/RAM4GBモデルについて次のようなスペックが記されています。

  • Intel Core Mプロセッサ
  • 内部ストレージ64GB SATA
  • RAM 4GB
  • 出力はHDMI+MHL
  • USB3.0
  • 4Kディスプレイ対応
  • Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
  • Windows 10 with Bing

 MHL機能によりMHL対応テレビであればHDMIポートから電力が供給されるため電源確保用のUSBケーブルが不要になるようです。

 Windows 10 with Bingというバージョンが存在するのであればWindows 8.1と同じく条件付きでメーカーに無料提供されると思われます。

 前回の話
 I・O DATA、延期のスティック型PC「インテル Compute Stick」の出荷時期を発表

Source:liliputing

よく一緒に閲覧される記事

Nintendo Switch Proは4K/OLEDでバッテリー改善か、米任天堂社長の言葉

任天堂のファームウェアから以前より噂されていた「Nintendo Sw

ゲーミング毛布 『わたタンク』(BHB-1600)発売、肩まで布団に入ってスマホを

ビーズが冷えやすい首元まで毛布をしっかり被りこんだまま快適にスマホを操

MOFT、iPhone12向けMagSafeスタンド兼ウォレット発表

MacBookやiPadのスタンド兼ケース、保護カバー兼スタンドな

→もっと見る

PAGE TOP ↑