ロジクール、スティック型PC向けタッチパッド付キーボード『K400 Plus』発表―仕様・価格

公開日: : 周辺機器 ,

 ロジクールは6月18日、テレビに接続したパソコンの操作に最適なマルチOS対応のワイヤレスキーボード「ロジクール ワイヤレス タッチキーボード K400 Plus」(型番:K400p)を6月25日(木)にロジクール オンラインストアやロジクール製品取扱店で発売すると発表しました。

 価格はオープン、オンラインストア価格は税抜き5,630円。

K400-Plus

ロジクール製タッチパッド付キーボード『K400 Plus』の仕様・価格

 『K400 Plus』(K400p)は最大10メートル離れた場所から動作が可能でテレビに差し込んだスティック型PCをソファから操作することができるタッチパッド一体型のワイヤレスキーボード。

 通常のBluetoothキーボードとは異なり、ロジクールのアドバンス2.4GHz(Unifying対応)を使うことで遅延や他の無線機器に干渉するといった心配がないほか、電池寿命が長いことが特徴です。

最大18ヶ月の電池寿命

 Unifying対応のため専用USBドングル(レシーバー)をスティック型PCのUSBポートへ接続することになりますが、Bluetooth接続に比べバッテリー寿命が長く、単三形乾電池×2本で最大18ヶ月の電池寿命を実現しています。

 また、電源ON/OFFスイッチにより消費電力を抑えることが可能でリビングに置き家電として使う際を考えると重要なポイントです。

マルチOS対応

 『K400 Plus』(K400p)はWindows 7、Windows 8、Windows10以降、Android 5.0以降、Chrome OSで使用できるよう設計され、Windows 8のエッジ操作に加え、Chrome OS、Android OS操作時のショートカットにも対応しています。

本体サイズ・重量、キーボード詳細

 『K400 Plus』(K400p)の本体サイズは354.3×23×139.9mm、重さ380g。

 キーボードは、84キー日本語レイアウト・メンブレンでキーピッチ18.8mm、ストローク2.7mm、押下圧60gとなっています。角度調整機能は非搭載。

K400-Plus.1

 タッチパッド部はキーボードの右側に配置されており、左右クリックボタンが備えられています。

 ロジクールの『K400 Plus」(型番:K400p)』は6月25日(木)にロジクール オンラインストアやロジクール製品取扱店で発売される予定で価格はオープン、オンラインストア価格は税抜き5,630円となっています。

―――――――

 ロジクールのトラックボールマウス「M570」を愛用していますがUnifying対応によりBluetoothキーボード・マウスに比べ遅延や切断が少なく、電池寿命も長いので重宝しています。

  『K400 Plus』(K400p)はリビング向けキーボードとしてTVリモコンのように気軽に使うことを考えるとUnifying対応は魅力的です。

Source:ロジクール

よく一緒に閲覧される記事

無印良品レビュー、吊るせるケース小物ポケットをガジェット収納に使う

前回に続き、無印良品のアイテムを使ってガジェット小物を収納したい。

(無印良品レビュー)ガジェットをスリムに整理『ナイロン手付ポーチ・薄型』購入した話

先日の良品週間で買いに行けず、今頃になって色々と購入してしまった。

限定30点、早くも世界最小アクションカメラ『Insta 360 Go』が17,934円になるクーポン #Banggood

360度カメラとして世界最小を謳う僅か20gながら手振れ補正付きの

→もっと見る

PAGE TOP ↑