Googleが『Play Music』で広告入り無料サービス提供開始―Apple Music対抗か

公開日: : 音楽

 Googleは米国時間6月23日、 月額9.99ドルで提供している『Play music』において広告を利用した無料ストリーミング配信サービスの開始を発表しました。

Google-Play-Music

Googleが『Play Music』で広告入り無料サービス開始

 Googleの音楽ストリーミングサービス『Play Music』で新たにローンチされた無料サービスは”Apple Music”や”Pandora”に近い内容で予め用意されたプレイリストを選ぶことで利用できるようになっています。

プレイリスト機能

 プレイリストは寝起きに使えそうな”Walking Up Happy”や車の運転中に向いた曲が揃えられていると思われる”Driving”、新曲が紹介される”Brand New Music”など10個が用意されています。

 さらにGoogleが2014年夏に買収した音楽キュレーションサービス「Songza」の技術を利用して、ユーザーがアーティスト名や曲名、ジャンルなどを指定してオリジナルのプレイリストを作成できる機能を提供、ユーザーは曲を選ぶことこそできませんが利用開始時に好みのジャンルなどを登録することで”オススメ”として曲が紹介されるようになるようです。

 同サービスは本日よりWebブラウザ版Play Musicで利用可能、今週中にはAndroidアプリとiOSアプリが提供される予定となっています。

 競合となるAndroid向けApple Musicは今秋リリース予定となっています。

 Android向け『Apple Music』は今秋リリース予定―3つの特徴や月額料金など

Source:Google Official Blog

よく一緒に閲覧される記事

Apple Music、平成にヒットした100曲をプレイリスト化「全て試し聴きOK」

Apple Music公式Twitterアカウントは3月30日、新元号

radiko配信中のNHKラジオ、2019年度から正式サービスへ

radikoは3月22日、運営するラジオ配信サービス「ラジコ」において

Amazon Musicで音楽を聴くほどギフト券1万円分が当たるキャンペーン実施中

アマゾンジャパンは12月1日から25日までの期間限定でAmazon M

→もっと見る

PAGE TOP ↑