日本クオリティ! 0.96mm液晶「イノベーションビークル」 が薄すぎる件

ソニー、東芝、日立製作所の合併会社「ジャパンディスプレイ」が超薄型ディスプレイを開発した

Module厚が0.96mmという極薄なディスプレイ「イノベーションビークル」 の登場です。

公開動画へは世界から驚愕したといったコメントもありました。

今後の未来を支える技術になりそうですね。

093mm-japan-display

0.96mm 液晶「イノベーションビークル」が薄すぎる件

ソニー、東芝、日立製作所が2012年4月に創業したという「ジャパンディスプレイ」は

約半年間という短い期間で極薄ディスプレイ「イノベーションビークル」 の開発に成功したようです。

「WhiteMagic」という技術

「WhiteMagic」という技術では、従来のRGBにW(ホワイト)を加えた事により

従来比の約2倍ほど明るい画面になるそうです。

バックライトの省電力化にも繋がるということで

スマートフォンならバックライトの

スマートフォンやタブレットの駆動時間が長くなりそうですね。

「Pixel Eyes」という技術

Pixel Eyes」はタッチパネルを内側に入れることによりシンプルな構造とし

薄型化を実現することができるということです。

また、感度が高くなるため高感度を活かしたペンでの操作についても

今後改良を加えていくということです。

イノベーションビークルの今後について

現在市販の予定はないということですが、ユーザーからの要望を聞きながら

2013年以降に量産を目指しているということです。

「イノベーションビークル」の動画

ジャパンディスプレイの液晶は他にもあります。

電子書籍端末でカラーや動画!?「紙のような液晶」が発表

Source : YouTube

よく一緒に閲覧される記事

今週の人気記事ランキングTOP10を振り返る「GPDやOPPOの新製品が上位に」(2019年1月4週目)

2019年1月20日から26日までの1週間で閲覧数の多い記事を10位か

賀正:タブクルより新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は当サイトを閲覧いただ

「Google Cast」がChromeブラウザに統合、インストール不要に

 Googleは米国時間8月29日、「Google Cast」をChr

→もっと見る

PAGE TOP ↑