Google、Nexus 4/5/6/7/9/10向けにセキュリティ更新ビルド『LMY48I』ファクトリーイメージ公開―未対応デバイスも

 Googleは米国時間8月5日、Android OSが抱える致命的な脆弱性と指摘された「Stagefright攻撃」に対応する最新ビルド『LMY48I』(Android 5.1.1)のファクトリーイメージを開発者向けに公開しました。

LMY48I-update

Nexus 4/5/6/7/9/10向けにセキュリティ更新ビルド『LMY48I』ファクトリーイメージ公開

 今回のファクトリーイメージ公開前に米通信キャリア Sprint が同名ビルド『LMY48I』の配信を発表、Nexusシリーズが致命的な脆弱性と指摘された「Stagefright攻撃」に未対応であることが判明しました。

 そのため、Googleから最新ビルドのアナウンスが待たれている状態でした。

「LMY48I」対応Nexusデバイス

 『LMY48I』はAndroid 5.1.1で次のNexus端末に公開されています。(Developersに表示される順に掲載)

  • Nexus 6
  • Nexus 9 (LTE)
  • Nexus 9 (Wi-Fi)
  • Nexus 5 (GSM/LTE)
  • Nexus 7 [2013] (Wi-Fi)
  • Nexus 10
  • Nexus 4

未対応デバイス

 Galaxy NexusなどAndroid 4.Xでアップデートが停止されているデバイスはともかく、未対応なのが残念な次のデバイスがありました。

  • Nexus 7 (Wi-Fi)
  • Nexus 7 (Mobile)
  • Nexus 7 [2013] (Mobile)

 同ビルドは、ファクトリーイメージとともにOTA配信も開始されており、入手しやすい状態となっています。

 今回のアップデート内容で不具合が発生する可能性は少なく更新しやすいのですが、アプリなどの関係でAndroid 4.Xを利用しているユーザーにとってはAndroid 5.1.1へジャンプすべきか悩むことになりそうです。

 前回の記事
 Nexus 5/Nexus 6向けビルド『LMY48I』配信、致命的な脆弱性「Stagefright」に対応―MMSメール乗っ取り

Source:Google Developers

よく一緒に閲覧される記事

未発表『Pixel 3 Lite』のハンズオン動画が登場、スペック情報も

Pixel 3の時はGoolgeが自らリークをネタにしてしまうほど、端

Google Pixel 3 Lite XLのベンチマーク・スコアがGeekbenchに登場

ハイエンドスマートフォン『Pixel 3』シリーズの廉価版として登場が

Google Pixel 3 Lite/Pixel 3 XL Liteを2019年春に発売へ、Nexus 5X以来の低価格モデルに

Googleの最新スマートフォン「Pixel 3」のミッドレンジ仕様と

→もっと見る

PAGE TOP ↑