Wi-Fi内蔵スキャナ「ScanSnap iX500」登場、価格は49,800円

公開日: : 周辺機器

PFUは11月12日、新製品「ScanSnap iX500」を発表しました。

11月30日から発売予定で価格は【49,800円】です。

PC経由ではなく「ScanSnap iX500」が

直接スマートフォンやタブレットへデータをWi-Fi転送できるということです。

ScanSnap-iX500-00

Wi-Fi内蔵スキャナ「ScanSnap iX500」登場

今回の「ScanSnap iX500」は、2009年2月から発売を行なっている

「ScanSnap S1500/S1500M」の後継スキャナということです。

「ScanSnap iX500」の特徴

  • 新開発の画像処理エンジン「GI」プロセッサを搭載
  • 1分間の読取速度:カラー300dpiで25枚50面
  • ScanSnapとして初のブレーキローラ搭載で原稿分離方式を採用
  • iX500のブレーキローラの交換周期は約20万枚
  • パソコンとのUSB接続に対応
  • スマホやタブレットへのWi-Fi転送に対応
  • マルチフィードセンサで重なりスキャン防止

交換周期がブレーキローラ採用により先代「S1500/S1500M」の

パッドユニットの交換周期である約5万枚よりも格段に増えています。

Wi-Fi転送を行うためには専用アプリ「ScanSnap Connect Application」

必要となっていますが、最新版は11月30日から提供予定ということです。

ScanSnap-iX500-01-1

ScanSnap」は所有していますが、ついに買い替えの時が来たようです。

Wi-Fiの団体が活発だからでしょうか、Wi-Fi内蔵デバイスが増えてきましたね。

Wi-Fiクライアント機能なのか調査中。。。

見つかりました。

※ 本機能を利用するにはWi-Fiアクセスポイント/ルータ(別売)が必要です。

また、スマートフォン/タブレットに「ScanSnap Connect Application」最新版のインストールが必要です。

Wi-Fiアクセスポイント/ルータが必要ということです。

「直接接続」という表現がありましたが、「Eye-Fi」などのダイレクトモードではなく

Wi-Fiクライアントモードが標準という事みたいですね。

よく考えたらWi-Fi環境がない外出先でスキャナは使わないので当たり前ですよね。。。

Source : PFU

よく一緒に閲覧される記事

期間限定15%OFF、筆圧検知8192のAcepen ペンタブが特価に

Acepenが筆圧検知8192レベル / 10x6インチのWindo

手を出せる寝袋「Bears Rock FX-451G」購入レビュー

昨日、センタージップで寝袋から両手を出せる「Bears Rock F

横開き寝袋の弱点克服、センタージップ寝袋「Bears Rock FX-451G」を注文した話。

先日ロゴス寝袋を雪の降る日に使った状況をレポートしたが、よくよく考え

→もっと見る

PAGE TOP ↑