Surface Pro 4、超薄型ベゼルで画面サイズが可変するスマートフレーム採用か

公開日: : Microsoft Surface

 Microsoftが米国時間10月6日の発表イベントでアナウンスすると思われる『Surface Pro 4』についてタブレットモードやデスクトップモードで画面サイズが可変する「スマートフレーム」(Smart Frame)を採用する可能性が伝えられています。

Surface-Pro-4-Smart-Frame

スポンサーリンク

Surface Pro 4、スマートフレーム採用か

 発表イベント間近に迫った現在も『Surface Pro 4』について目立った噂はありませんが、ここにきてw4phubから『Surface Pro 4』はデルのXPS 13のような超薄型ベゼルになることが伝えられました。

XPS-13-01

 また、画面サイズは13インチながら、タブレットモードでは12インチまで表示領域を縮小する「スマートフレーム」(Smart Frame)機能を搭載(記事冒頭にある画像のようなイメージ)しており、手で持ちやすく机上での作業効率も落ちないとのこと。

 スマートフレームはソフトウェアベースということでWindows 10に組み込まれる可能性があり、今後10インチ以上のWindows 10搭載タブレットは超薄型ベゼルが特徴となるかもしれませんね。

 8月にはMicrosoftが14インチ版と12インチ版の『Surface Pro 4』を準備しているという情報がありました。もしかして14インチから12インチに可変するのでしょうか。

Microsoft、12型『Surface Pro 4』と一緒に14型2in1タブレットを発表か

Source:w4phub

Microsoft Surfaceの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

折畳める『Surface Phone』か、Microsoftが謎デバイス画像を投稿

MicrosoftのAzureアカウントが興味深いデバイスが映し出され

Surface Miniの画像・スペックがリーク、Surface Pen搭載も計画は中止

Microsoftが計画していたとされる『Surface Mini』に

折り畳みスマホ『Surface Note』のコンセプト画像、タブレット化やSurface Pen対応など

Microsoftが折り畳み式スマートフォンの特許取得により期待される

iFixitが『Surface Pro 5』の分解レポートを公開、増設は難しいスコア1評価と理由

リペア会社iFixitが日本マイクロソフトからも発売された第5世代とな

iFixitが『Surface Laptop』の分解レポートを公開、修理は不可能とゼロ評価

リペア会社iFixitがMicrosoftの最新デバイス『Surfac

先着15台、6/15発売の新型Surface Proを最速で入手できるPrime Now販売開始

日本マイクロソフトは6月15日、予定通り第5世代Surface Pro

Microsoftが折りたたみタブレット特許、360度回転でスマートフォンサイズに

Microsoftが開発していたヒンジ付きのWindowsタブレットに

Microsoftが『Surface Mobile』(Peking / Slavonia)を開発中か、動画が一時公開される

中国Microsoftの公式SNSアカウントが『Surface mob

Surface Pro 乗り換えキャンペーン発表、iPadなど最大1万円で下取り―Pro3/4との簡易スペック比較も掲載

日本マイクロソフトは5月26日、最新機種の日本投入にあわせて下取り金額

日本マイクロソフト、筆圧感知4,096に向上のSurfaceペンなど4つのアクセサリー価格を発表・発売日

日本マイクロソフトは5月26日、Surfaceファミリー拡充に伴い新し

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑