Moto Z Play(XT1635-03)レビュー、初回セットアップとAntutuベンチマークスコアほか

公開日: : Motorola , ,

前回に引き続き拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1635-03)』のレビューを行います。

今回、日本での販売に力を入れている海外ショップ「GearBest」が3周年記念キャンペーンの一環として「Moto Z Play」実機サンプルを提供していただいています。

Moto-Z-Play-Review-Unboxing-IMG_2171

スポンサーリンク

Moto Z Play(XT1635-03)レビュー

Moto Z Play(XT1635-03)の電源を入れるとアニメーションが流れ、しばらく待ちます。

Moto-Z-Play-Review-home-IMG_2172

上図のようなアニメーションは初回セットアップ時だけかと思いましたが起動するときにも表示されました。

初回セットアップ

Moto-Z-Play-Review-home-IMG_2174

セットアップ画面は通常のAndroid OSと変わらないな印象。

Moto-Z-Play-Review-home-IMG_2175

最初の言語設定で日本語を選ぶことで問題なく操作できます。

Moto-Z-Play-Review-home-IMG_2177

その後、Wi-Fi接続や名前などを設定、上図のプライバシーについても承諾して進みます。

Moto-Z-Play-Review-home-IMG_2180

指紋の登録が行えますが、後ほど設定するのでスキップしました。

Moto-Z-Play-Review-home-IMG_2182

無事セットアップを終えるとホーム画面が表示されました。

画面を見る

Moto-Z-Play-Review-home-_20170319-222547

ホーム画面は左右にスワイプしても遷移せず、余計なウィジェットやアプリはありません。GoogleフォルダにはGmailやマップなどのアプリが1つにまめとられていました。

Moto-Z-Play-Review-home-20170319-222556

ドロワー画面、「Moto Mods」アプリを選んだところMoto Z Playの製品を紹介するウェブページが表示されました。ここで改めてサードパーティ製のアプリは「Moto」アプリくらいのようです。

Moto-Z-Play-Review-home-20170319-222657

上からクイック起動メニューを呼び出しました。背面LEDを点灯させる「ライト」や通知の無効化などが並びます。Androidバージョンは6.0.1となっていました。

ホームボタンではない物理ボタン

Moto Z Play(XT1635-03)のディスプレイ下にあるボタンは指紋センサーでホームに戻る機能はありませんでした。

Moto-Z-Play-Review-home-20170319-230204

指紋を未登録の場合は設定を促すメッセージ(上図左)が表示され、上図右のように指紋の登録が完了すると押すたびに画面ON、もう1度押すと画面OFFという扱いになります。

ボタンの位置的に持つ時用の”親指”とテーブル等に置いた状態で使う際の”人差し指”の2つを登録すればよい感じでしょうか。

Antutu ベンチマーク・スコア

Moto Z Play(XT1635-03)のAntutuベンチマークスコアを確認します。

Moto-Z-Play-Review-home-20170319-225950

Moto Z Play(XT1635-03)は「62690」、ハイミドルながら健闘しています。

次回はドコモ系の格安SIMで通信できるかテストしたいと思います。

価格

Moto Z Playの日本における実売価格は32GBモデルが53000円前後(アマゾンの国内正規代理店は54284円でした)となっていますが、GearBestでは64GBモデルが43,397円という残り時間わずかの台数限定セールを実施していました。

Moto Z Playの最新価格と在庫状況などは次のリンクより確認できます。

リンク:Moto Z Play – GearBest

GearBest 3周年記念でXiaomi Redmi Note 4XやMoto Z Play、Cube Mix Plus、CUBE WP10のレビュー記事を追加しています。最新記事はGearBest 記事一覧

Motorolaの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Motorola未発表5型『Moto C / C Plus』の画像と一部スペックがリーク

Lenovo傘下のMotorola Mobilityが新しいスマートフ

Moto Z Play(XT1635-03)でドコモ系SIM設定レビュー、格安SIMカードは使えるか

今回、拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1635-

Moto Z Play(XT1635-03)レビュー、初回セットアップとAntutuベンチマークスコアほか

前回に引き続き拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1

変形スマホ「Moto Z Play」開封レビュー、3/20までのフラッシュセール実施中

日本での販売に力を入れている海外ショップ「GearBest」が3周年記

Moto Z向け物理キーボード「Physical Keyboard Mod For Moto Z」、Indiegogoで出資募集中

Moto Zの拡張機能「Moto Mods」向けに横向き5行のQWER

Motorola Moto Z 2016向けTWRPリリース

 日本でも発売が発表されたMotorola製の拡張できるスマートフォン

Motorola、拡張できるDSDSスマホ『Moto Z』『Moto Z Play』の日本投入を発表―価格・発売日・スペック・対応周波数

 Motorola Mobilityの日本法人モトローラ・モビリティ・

Moto G4 Plus の水没テストやSIMカード取り外しなどハンズオン動画レビュー

 デュアルSIMカードで3G+LTE回線の同時待受ができるデュアルスタ

3G+LTE同時待受の『Moto G4 Plus』は買いか、レビュー・スペック・注意点から考える

 モトローラ・モビリティ・ジャパンから3GとLTEの同時待受(デュアル

Moto G4 Plus 日本発売を発表、デュアルSIMで3G+4Gデュアルスタンバイ – 価格・スペック・対応周波数

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは7月13日、Moto Gシリーズの

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑