海中で使える防水4.7型『Ulefone ARMOR』のスペック・価格・対応周波数

公開日: : 最終更新日:2017/04/17 スマートフォン , ,

中国メーカー製スマートフォンとしては珍しい防塵防水規格IP68準拠で衝撃に強いボディを持つ4.7インチ『Ulefone ARMOR』が日本への販売に力を入れている海外ショップ「Banggood」から提供されることになり、本日にも到着するのですが先に特徴やスペックを記録したいと思います。

また、ハイエンドなスマートフォン「LeTV LeEco Le Max 2」も同時に到着するので後ほどチェックしたいと思います。

Ulefone-ARMOR-feature-01

スポンサーリンク

4.7型『Ulefone ARMOR』のスペック、価格

『Ulefone ARMOR』は防塵防水で耐衝撃の中国スマートフォンというと仕様を抑えたデバイスと思う方もいるかもしれませんがスペックを見て「お~」と感心させられました。

はじめにディスプレイは1280x720解像度ですが画面サイズは小さい4.7インチですし、アウトドア向けですから良い選択かと思います。しかし、それだけではなくIP68を活かせる濡れた状態で操作できる「ウォータプルーフタッチスクリーン」と、コーニング製の傷と埃に強い「ゴリラガラス3」を搭載、アクティブな用途に特化しています。

Ulefone-ARMOR-feature

RAM3GBを搭載

処理性能を見てみると、CPUにMediaTek MTK6753チップ1.3GHzオクタコア、RAM3GB、ストレージ32GBとミッドレンジ仕様です。

Ulefone-ARMOR-feature.03

外部メモリとしてMicroSDカード最大128GBをサポート、旅館やキャンプ場で静止画や動画の撮影ができますね。

暑さと寒さに強いスマホ

Ulefone-ARMOR-feature.04

『Ulefone ARMOR』はマイナス40度から最高80度まで耐えうる人間が倒れても生き残れそうなスマートフォンです。

バッテリー容量と駆動時間

Ulefone-ARMOR-feature.06

『Ulefone ARMOR』は気温や水から守るための構造を持ちながら4.7インチのスマートフォンとしては大きいといえる3500mAhを搭載しています。

駆動時間は通常利用で2日間、ハードな使用で1日、連続通話6時間、スタンバイは300時間としています。

インターフェイスはMicroUSB、3.5mmイヤホンジャックとともにキャップで覆われています。

SOSボタン付き

Ulefone-ARMOR-feature.05

『Ulefone ARMOR』には「SOS Key」というヘルプボタンが設けられています。一般的なスマートフォンで電源ボタンがあるあたりに配置するところが興味深い、これは子供向けや高齢者向けスマートフォンにも欲しいですね。(紐を引くような勇気がいるタイプではなくという意味)

鍵っ子や一人の帰り道などを考えると学生や社会人であっても同機能を持つスマートフォンは喜ばれそうです。

NFC搭載

Ulefone-ARMOR-feature.07

『Ulefone ARMOR』は更にNFCを搭載しています。

カメラ・その他

防塵防水+ウォータープルーフタッチスクリーン+ゴリラガラス3にSOSボタン、NFC搭載、RAM3GBと見てきましたが、『Ulefone ARMOR』の魅力は防水カメラで、背面1300万画素/前面500万画素とミッドレンジとして全く妥協しないスペックを搭載してきました。

本体サイズは148.9 x 75.8 x 12.5mm、重量は195g。

通信はWi-Fi 802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0をサポート、対応周波数は次のようになっています。

  • 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
  • 3G: WCDMA 900/1900/2100MHz/TD-SCDMA B34/B39
  • 4G: FDD-LTE B1/B3/B4/B7/B20(2100/1800/1700/2600/800MHz)/TDD-LTE B38/B39/B40/B41

デュアルSIMでMicroSIMカードに対応とのこと。

記事タイトルに「海中で使える」と書いたのは次の動画がBanggoodで公開されていたことが理由です。海辺(砂浜)ではなく海の中でゲームしてます。

もう1つの動画は記事末尾の販売ページより確認できます。

Ulefone ARMORの価格

『Ulefone ARMOR』は一般的なスマートフォンとは異なりアウトドアに特化しています。それでありながらミッドレンジのスペックを持っていて今後が楽しみなデバイスです。

そんな『Ulefone ARMOR』ですが、製品サンプルを提供してくださるBanggoodでは26246円となっています。記事投稿時点ではキャンペーン期間中で4月17日までの期間限定&台数限定でセール価格17782円で販売されています。

先ほどアウトドアに特化と書きましたが、シャワールームやバスタイムにキッチン脇などなど様々な場所でも活躍してくれそうです。防水スピーカーを備えているので音楽や動画も水辺で楽しめます。

Banggoodから『Ulefone ARMOR』が到着しだい順次、開封レビューなどを行いたいと思います。

最新の価格と在庫数や動画・スペックは『Ulefone ARMOR』の販売ページ

続きはUlefone ARMORの記事一覧

スマートフォンの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カメラ収納ベゼルレス『vivo APEX』が目撃される、2018年内リリースへ

Vivoが2018年2月のMWC2018でコンセプトとして披露したポッ

1TB搭載スマホ『Smartisan Nut R1』発表、日本語・ドコモプラチナB19対応などスペック・価格・発売日

Smartisanが予告していた最新フラッグシップとしてストレージ1T

世界初2つ折り液晶スマホは2018年末にリリースか、Apple/Huawei/Samsungなど

台湾メディアDiGiTIMESは4月9日、世界初となるディスプレイを2

完全ベゼルレス・スマホ登場か、Doogee Mix 4が2層スライドでカメラ問題解決へ

中国メーカーDoogeeはコストパフォーマンスに優れながらも魅力的なス

Jelly Proでワイモバイルを試す、APN設定 #格安SIMカード

2.45インチの世界最小LTEスマートフォン『Jelly Pro』でワ

6.7型iPhone Xクローン『Ulefone T2 Pro』披露、RAM8GBなどスペック

UlefoneがMWC 2018において、世界初のHelio P70プ

約1.3万円のiPhone Xクローン『LEAGOO S9』発表、デュアルカメラなどスペック

MWC 2018のブースでiPhone Xのようにノッチ付きベゼルレス

Vivo、4辺ベゼルレス『Apex』公開―ポップアップカメラでノッチ対策・ハンズオン動画

RAM10GB搭載スマホやディスプレイ指紋センサーなど常にスマートフォ

3キャリア対応3スロット搭載「gooのスマホ g08」発表、価格・発売日・スペック

NTTレゾナントは2月23日、「gooSimseller」において前作

Jelly Pro 購入レビュー、カメラ撮影やAntutuスコアとソフトバンクSIMカードの話

2.45インチの世界最小スマートフォンJelly Proの購入レビュー

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑