ソニー、犬型ロボット「AIBO」復活か、独自OS搭載で来春にも

公開日: : ソニー ,

日本経済新聞は10月8日、ソニーが2018年春にも「AIBO」のような犬型の家庭用ロボットを発売すると報じました。ロボット事業への再参入は12年ぶり。

AIBO

スポンサーリンク

ソニー、犬型ロボット「AIBO」復活か

同紙によるとソニーは「AIBO」を開発していた当時の研究者を集めており、新しい犬型ロボットは本物の犬のように”跳ね回り”ペットとしての役割を果たしながら、「Google Home」や「Amazon Echo」のように音声認識による家電操作も行えるようになると伝えました。

相次いで発表されているスマートスピーカーにロボットを組み合わせる製品になるとしています。

OSはソニーが独自開発し、外部の開発者も改善に協力できる環境づくりを整えるようで、人工知能/AIを持った犬型ロボットにネット家電を操作してもらえるようになるとのこと。

ソニーは独自のAIを開発しますが、グーグルやアマゾンのように大量の個人データを収集できる環境はないことから日本の強みである機械工学の技術を活かしたロボットに道を見出していると伝えています。

前回のロボット
シャープ、モバイル型ロボットRoBoHoN(ロボホン)「SR-02M-W」Wi-Fi専用モデル発売―価格・スペック

Source:日本経済新聞

ソニーの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソニー、犬型ロボット「AIBO」復活か、独自OS搭載で来春にも

日本経済新聞は10月8日、ソニーが2018年春にも「AIBO」のような

ソニー、日本語対応スマートスピーカーを12月に発売へ―LF-S50G投入か

NHKは10月5日、ソニーが2017年12月にGoogleのAIアシス

ソニー、PlayStation VRの最新モデル(CUH-ZVR2)の発売日を発表―体験イベント

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは10月2日、

ソニー、5.5型『Xperia XA1 Plus』発表―シリーズ初の指紋センサーなどスペック

ソニーモバイルは8月31日、ベルリンIFA2017に先駆けプレスイベン

ソニー、4.6型『Xperia XZ1 Compact』発表―SD835などスペック

ソニーモバイルは8月31日、ベルリンIFA2017に先駆けプレスイベン

ソニー、5.2型『Xperia XZ1』発表―3Dクリエイターなど機能・スペック

ソニーモバイルは8月31日、ベルリンで開催されるIFA2017に先立ち

Sony『Xperia XA1 Plus』の画像・スペックがリーク、XZ1/XZ1 Compactと一緒に発表か

ソニーがIFA2017にて発表することが期待されている「Xperia

Xperia XZ1 Ultraか、6.2型Sony G8541がGFXBenchに登場

ソニーがベルリンで開催されるIFA2017にあわせて現地時間8月31日

ピンクな『Xperia XZ1 Compact』の画像リーク、価格は7.0万円で4色展開か

ソニーが8月31日にも発表すると期待されている『Xperia XZ1

Sony Xperia XZ1のプレス画像リーク

ソニーが8月末にも発表することが期待されている『Xperia XZ1』

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑