Xiaomi Mi MIX 2S発表、MIX2とのスペック比較・価格・ドコモなど通信3社プラチナバンド対応ほか

公開日: : Xiaomi

中国シャオミが2018年に投入する最初のフラッグシップ端末はXiaomi Mi MIX 2Sでした。グッドデザイン賞をはじめ各国で評価された筐体を引き継ぎながらもモンスタースペックに加え、デュアルカメラを搭載するなど妥協しないスマートフォンとなっています。

Xiaomi-Mi-MIX2S

スポンサーリンク

Xiaomi Mi MIX 2Sのスペック・価格

『Xiaomi Mi MIX 2S』の発表イベントでは、シャオミが今もなお出荷台数が伸びていることが紹介されました。その理由として独自のSurge S1チップやXiaomi Mi MIX 2の販売、グローバル市場への販売といった3つであったようです。

Xiaomi-Mi-MIX2S.08

他にもシャオミ製スマートフォンのデザインが国内外で評価されていることを紹介し、日本のグッドデザイン賞をはじめ様々な賞を受賞したことが伝えられました。

Xiaomi Mi MIX 2Sの発表

Xiaomi-Mi-MIX2S.09

Xiaomi Mi MIX 2Sは名称からマイナーアップデートのような印象を受けますが、カメラのデュアルレンズ化やワイヤレス充電のサポートなど処理性能だけに留まらない変化を遂げています。

Xiaomi Mi MIX 2SはSoC共通でRAM8GB+256GBのプレミアムエディション、RAM6GB+64GB(または128GB)のスタンダードエディションとなっています。

ここで重要なのはプレミアムエディションに限りドコモのプラチナバンドB19までサポートしています。詳しくは後ほど。

スペック、主な仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
Xiaomi Mi MIX 2S Xiaomi Mi MIX 2
CPU Snapdragon 845 @ 2.8GHzオクタコア – Adreno 630(710MHz) Snapdragon 835 @ 2.45GHzオクタコア – Adreno 540
RAM 6GB/8GB LPDDR4X 6GB/8GB LPDDR4X
ストレージ 64GB,/128GB/256GB UFS 64GB,/128GB/256GB 
液晶 5.99インチSuper AMOLED/18:9 5.99インチSuper AMOLED/18:9
解像度 2160 x 1080, 403ppi 2160 x 1080, 403ppi
前面カメラ 5MP 5MP
背面カメラ 12MPx12MP Sony IMX386  12MP Sony IMX386 
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
近距離無線 Bluetooth 5.0/NFC Bluetooth 5.0/NFC
インターフェイス USB Type-C USB Type-C
サイズ 150.86x74.9x8.1mm 151.8 x 75.5 x 7.7mm/RAM8GBモデル=150.5 x 74.6 x 7.7mm
重さ 189g 185g/RAM8GBモデル=187g
バッテリー 3400mAh/QC3.0/Qi 3400mAh

MIX2とのスペック比較

Xiaomi-Mi-MIX2S.06

MIX2から進化したのは処理性能ではSnapdragon 835からSnapdragon 845となったことで、いずれも発表時の最高チップを搭載しています。SD845ではグラフィックスも710MHzのAdreno 630となっています。

Antutuベンチマークでは27万7178というスコアを叩き出しています。

RAMとROM(ストレージ)の容量に変化はありません。RAMを8GBよりも増やすとなると16GBになるのでしょうか、それを実行するとしたらXiaomiかOnePlus、Vivoくらいからだと思われます。

そんな高い処理性能を活かす機能としてAIデュアルフォト(AIカメラ)に拡張現実(AR)などをサポートしています。

電子決済が普及している中国のメーカーなので現地の銀行カードやバスカード、クレジットカード決済に対応しているNFCを搭載しています。

Xiaomi-Mi-MIX2S.10

バッテリー容量に変化はありませんが、7.5Wの効率的なワイヤレス充電規格Qiに対応しています。

デュアルカメラへと進化

カメラが残念と言われていたXiaomi Mi MIX 2ですが、Xiaomi Mi MIX 2Sではカメラ評価サイトDxOMark Mobileで101というスコアを得ています。

Xiaomi-Mi-MIX2S.01

背面には1200万画素x2基のデュアルレンズカメラ(広角・望遠)で光学2倍ズーム、光学手振れ補正、AIによる最適な設定での撮影などによりiPhone Xと同等または、それ以上の評価となっています。

Xiaomi-Mi-MIX2S.04

センサーはSony IMX363を搭載。

Xiaomi-Mi-MIX2S.05

発表イベントではiPhone Xとの比較も行われていました。

通信3社のプラチナバンドをサポート

モバイル通信では6モデル43バンドのグローバル・スマートフォンとしてMIX 2と同じくドコモ、au、ソフトバンクの3キャリで4G/LTEのプラチナバンドをサポートしています。

前述のB19までサポートしているのは尊享版(プレミアムエディション)となっています。

尊享版

GSMB2 / B3 / B5 / B8
CDMA1X/EVDOBC0 / BC1 / BC6 / BC10
WCDMAB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B8 / B9 / B19
TD-SCDMAB34 / B39
TD-LTEB34 / B38 / B39 / B40 / B41
FDD-LTEB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 /
B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 /
B27 /B 28 / B29 / B30

标准版

GSMB2 / B3 / B5 / B8
CDMA1X/EVDO BC0
WCDMAB1 / B2 / B4 / B5 / B8
TD-SCDMAB34 / B39
TD-LTEB34 / B38 / B39 / B40 / B41
FDD-LTEB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 /
B8 / B12 / B17 / B20

SIMスロットはNanoSIMx2基のデュアルSIM仕様となっています。

発売日・価格・カラーバリエーション

Xiaomi-Mi-MIX2S.07

Xiaomi Mi MIX 2Sのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開、価格はRAM6GB+64GBモデルが3299元(約5.59万円)/RAM6GB+128GBモデルが3599元(約6.09万円)/RAM8GB+256GBモデルが3999元(約6.77万円)となっています。

中国での発売日は4月3日を予定しており、GearBestやBanggoodなどでは、それ以降の販売開始となりそうです。なお、Geekbuyingでは予約受付が開始されていました。

リンク:Xiaomi Mi MIX 2S

Xiaomiの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

液体冷却システム搭載!5.99型ゲーミングスマホ『Black Shark』発表―SD845/RAM8GBなどスペック・価格・発売日

中国Xiaomiが出資しているBlack Shark社は現地時間13日

Xiaomi Mi MIX 2S発表、MIX2とのスペック比較・価格・ドコモなど通信3社プラチナバンド対応ほか

中国シャオミが2018年に投入する最初のフラッグシップ端末はXiaom

Xiaomi Mi MIX 2Sの画像リーク、日本のプラチナバンド対応など主要スペック判明か

中国シャオミが3月27日に発表する予定の『Xiaomi Mi MIX

Xiaomi Mi MIX 2Sが前面と背面の実機写真リークか

まもなく発表される中国シャオミの最新スマートフォン『Xiaomi Mi

Xiaomi Mi Mix 2S、ワイヤレス充電に対応か

中国メーカーXiaomiは現地時間3月9日、同月27日に発表する予定の

Xiaomi Mi MIX 2SはRAM8GBにストレージ256GB搭載か、スペック画像リーク

中国シャオミが3月27日に発表すると告知している『Xiaomi Mi

シャオミ、SD845スマホ『Xiaomi Mi Mix 2S』を3月27日に発表へ

中国シャオミの最新スマートフォン『Xiaomi Mi Mix 2S』の

Core i7版13.3型『Xiaomi Notebook Air』発表、価格・スペック・発売日

中国シャオミは2月23日、Core i7を搭載した13.3インチの『X

Xiaomi Mi Max 3はワイヤレス充電や顔認証に対応か、コードから判明

中国シャオミの7インチ相当とも言われている大画面スマートフォン『Xia

Xiaomi Mi Mix 2Sの画像、液晶保護フィルムのポスターでリーク

先ほど、中国シャオミの次期ベゼルレス・スマートフォン『Xiaomi M

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑