第6世代「iPod touch」を注文、使い道を考える

公開日: : Apple

 本日リリースされた第6世代「iPod touch」を注文しました。プロセッサも新たに音楽プレーヤーにとどまらない進化を遂げたデバイスの使い身を考えます。

ipod-touch-6th-order-02

スポンサーリンク

第6世代「iPod touch」の使い道を考える

 第6世代「iPod touch」はiOS9に対応し、A5プロセッサからA8+M8へ処理性能が向上、RAMは512MBから1GBに、背面カメラも5MPから8MPへとアップデートされています。

 手元にある第5世代「iPod touch」よりもアプリが軽快な動きとなり、モーションプロセッサにより対応アプリも増えることが期待できます。また、カメラもスローモーションやタイムプラスといった撮影に対応しています。

第6世代「iPod touch」を注文

 Twitterなどを見ていると新たに追加された128GBがClasicの代わりになるとして大容量モデルを検討している人が見かけられました。GPSやSIMカードスロットがないため128GBモデルでも5万円以下という低価格が魅力です。

ストレージは128GB必要か

 購入にあたり第5世代「iPod touch」32GBモデルのストレージ使用量を見てみると3分の1も使っていませんでした。

 今回は子ども用に購入、音楽と写真がメインになるようなのでファイルの取捨選択を行う習慣を付けて欲しいという願いから、大容量モデルではなく32GBモデルを注文することにしました。

使い道を考える

 「iPod touch」といえば”音楽プレーヤー”という位置づけで誕生したように覚えていますが、今やモバイル通信やGPSを取り除いた「iPhone」と呼べるほどに性能が向上しています。

 4インチ版「iPhone 6」Wi-Fiモデルといった感じで、子どもが使うにはちょうど良いデバイスだと思います。

ipod-touch-64bit.3

 子どもには家族間の通話料が無料になるガラケー(au GRATINA2)を渡しています。電池持ちは良いのですがスマート機能がありません。カメラ撮影にも対応していますが古いスマートフォンのほうが性能は良いかもしれないほどで、そういったスマート機能を補うのが「iPod touch」だと思いました。

 SMSや通話、災害時のワンセグ視聴といった情報・連絡手段を持つガラケーは電池消費を抑えるためバッグ内で必要な時だけ取り出すようにして、普段の音楽再生やカメラ撮影、Wi-Fi経由のHulu視聴、アプリ、WEBメール、LINEといった作業は「iPod touch」で行うよう想定しています。

ipod-touch-64bit.4

 特にiOSはカメラ編集アプリが沢山あるのでガラケーはもちろん、Androidスマートフォンよりも安定した使い心地が期待できます。

 また、MVNOサービスによる格安SIIMカードが普及しているのでSIMフリーのモバイルルーターをガラケーと一緒にバッグに入れておくことでWebメールやLINE、FaceTimeによる連絡ツールとしても機能するため、ガラケーを取り出す頻度は減りそうです。

 厚さ6.1mで重さ88gという携帯性に優れ、パワフルなA8プロセッサ、800万画素の背面カメラを備えたiOSデバイスを小型タブレットとして使いこなせるのか今から楽しみです。

 第6世代「iPod touch」の価格は発売時の記事、第5世代とのスペック比較は前回の記事で確認できます。

 最新のiPod touch記事一覧

Appleの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Apple、3月のiPadイベントでiPhone SE 128GBモデルやiPhon 7 レッドを発表か

Appleが3月末に開催する予定の新しいiPadシリーズ向けのイベント

Apple、顔認識技術のRealFaceを買収か

Appleが顔認識技術を持つイスラエルの新興企業RealFaceを買収

Apple、「WWDC 2017」を6月5日からサンノゼで開催と発表

Appleは2月16日、開発者カンファレンス「WWDC 2017」の開

iPhone 8は大容量バッテリー搭載か、基板小型化でスペース確保

Appleが2017年にリリースする最新iPhone(iPhone 8

iPhone 8 はWatchと同じワイヤレス充電Qi対応か、AppleがWPCに加盟

次期iPhoneのワイヤレス充電サポートが噂される中、Appleがワイ

Apple、iPad向け『Smart Keyboard 2』を発売か―共有・絵文字キー搭載の次世代キーボード

米国特許商標庁がAppleの出願した特許情報としてiPad向け新キーボ

iPhone 8 は虹彩スキャン搭載か、目を使った認証へ

Appleが2,017年内にリリースする予定の「iPhone 8」(仮

iPhone 7 ブラックの塗装剥がれ、報告が相次ぐ

iPhone 7のブラックモデルについて、黒い表面の塗装が剥がれたとい

次期iPhone、全機種でワイヤレス充電に対応か #iPhone8

Appleが今年の秋にもリリースすると予定の次期iPhone(iPho

Apple、ARMベース独自チップ「T310」を次期MacBook Proに搭載か

新型Macbook Proの新インターフェース「Touch Bar」に

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑