Omate、SIMスロット付きAndroid 5.1搭載スマートウォッチ『TrueSmart+』発表―スペック・価格

公開日: : スマートウォッチ ,

 OmateがSIMカードスロットを内蔵したAndroid 5.1搭載スマートウォッチ『TrueSmart+』を発表しました。

omate-announces-android-51-powered-truesmart-smartwatch-01

スマートウォッチ『Omate TrueSmart+』、スペック

 『Omate TrueSmart+』はAndroid系スマートウォッチですが、OSをウェアラブル向け”Android Wear”ではなくスマートフォンやタブレット向けのAndroid 5.1を搭載しています。しかし、AndroidアプリはGoogle Play Storeではなく独自の”Ostore”経由でインストールする必要があります。

 UIには独自の”OUI 3.0”を採用。

omate-announces-android-51-powered-truesmart-smartwatch-04

 また、MicroSIMカードスロットを搭載し通話することもできるということで本来の補助的な立ち位置ではなく主役を狙う小型スマートフォンと言えそうです。

主な仕様・スペック

 『Omate TrueSmart+』は画面サイズ1.54インチ(解像度320x320)曲面ディスプレイとなっています。CPUはMediaTek製MT6572Mプロセッサ 1GHzデュアルコア、RAM 1GB、内部ストレージは8GBとスマートフォンのエントリーモデルに近い処理性能を備えています。

通信

 通信はWi-Fi 802.11 b/g、BluetoothとGPSに対応、モバイル通信のLTE非対応で周波数は次のようになっています。

omate-announces-android-51-powered-truesmart-smartwatch-002

インターフェイス

 インターフェイスはMicroUSB、SIMカードスロット(シングル/MicroSIM)、モノラルスピーカーを搭載。

omate-announces-android-51-powered-truesmart-smartwatch-03

 バッテリー容量は製品ページの仕様表に600mAhとあり(しかし多くの海外メディアは700mAhと伝えています。)現在販売されているAndroid Wear搭載スマートウォッチより150~200mAhほど多くなっていますがフルAndroidを搭載しているほか、スピーカーによる通知や通話を考えると少なく感じます。

 本体サイズは44 x 44 x 14.2mm。

 『Omate TrueSmart+』は米国で価格169ドル(約2.03万円)にて本日より予約注文の受付が開始されており、発売日・出荷開始は2015年11月を予定しています。

Source:omate

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑