クラシックで高級感を追求した『Huawei Watch』、日本の発売日は10月16日―取り扱い店

公開日: : スマートウォッチ

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は10月1日、初のスマートウォッチ『Huawei Watch』を10月16日より日本でも発売すると発表しました。

huawei-watch-01

スポンサーリンク

『Huawei Watch』の発売日、取り扱い店

 『Huawei Watch』はMWC2015で披露された心拍センサーと6 軸モーションセンサーを搭載したAndroid Wear採用のスマートウォッチ。

huawei-watch-02

 腕時計としてクラシックなデザインを意識して作られ、400 x 400ピクセルと現行のAndroid Wearスマートウォッチでは最も鮮明とする円形ディスプレイは高級腕時計に使われているサファイアクリスタルで保護されています。

本体サイズ・重量

 直径は42mmを採用、ベルトは18mm幅で交換は容易とのこと。

huawei-watch-03

主な仕様

huawei-watch-04

 ステンレススチールのフレームはゴールド、シルバー、ブラックの3色展開、ウォッチフェイスはクラシック、ラグジュアリー、ビジネス、フェミニン、モダン、シンプルなど40 種類の中から選択可能。

取り扱い店・発売日

 『Huawei Watch』はビックカメラグループやヨドバシカメラ、楽天の公式ショップ、Amazon.co.jpで取り扱われるとしています。

 10月1日より一部店舗で予約受付が開始され、10 月16 日(金)より発売される予定となっています。

価格(税抜き)

 『Huawei Watch』の市場予想価格は『W1 Class leather』が45,800円、W1 Class Stainless Mが51,800円、W1 Activeが57,800円、W1 Eliteが81,800円となっています。

 海外で個人輸入できるショップでは価格45788円~で予約が受け付けられていました。

個人輸入ショップで『Huawei Watch』予約開始、価格45,788円~

Source:Huawei

スマートウォッチの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

指先で通話できる時計バンド『Sgnl』(シグナル)登場、Apple Watchなどに装着可

JBSは7月19日、クラウドファンディンサイト“Makuake”におい

2枚重ねウォッチ『TicWatch Pro』発売、Google Pay対応で最大30日駆動などスペック

2枚のディスプレイを重ねることで最大30日間も駆動できるWear OS

Apple WatchにAlexaが「ひょっこりはん」、アプリ『Voice in a Can』登場・動画

Apple Watchでアマゾンの音声アシスタントに呼び掛けられるアプ

次期Apple Watchは物理ボタン廃止か、ソリッドステートボタンへ

次期Apple Watchについて、サイドボタンとデジタルクラウンが物

腕をタッチパネル化、スマートウォッチ『LumiWatch』登場・スペック/動画

カーネギーメロン大学とASU Tech社の研究チームがディスプレイを搭

Microsoftスマートウォッチ『Xbox Watch』試作機の画像リーク

Microsoftはスマートフォン向けOSの開発を諦めてしまいましたが

KDDI au、月350円で電話番号を共有『ナンバーシェア』発表―Apple Watch対応

KDDIは9月13日、スマートフォンが手元になくてもApple Wat

NTTドコモ、月500円の電話番号シェア「ワンナンバーサービス」発表―Apple Watch対応

NTTドコモは9月13日、月額500円で1つの電話番号をスマートフォン

通話できる『Apple Watch series 3』発表、ドコモ/au/ソフトバンク通信可能―価格・発売日

Appleは日本時間9月13日午前2時より開催した新製品発表イベントに

LTE版『Apple Watch』がiOS11 GM版で見つかる、画像や単体通信・iPhone番号連携・通話など

リークされたiOS11 GM版からLTE対応の新しい「Apple Wa

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑