Surface Pro 4、超薄型ベゼルで画面サイズが可変するスマートフレーム採用か

公開日: : Microsoft Surface

 Microsoftが米国時間10月6日の発表イベントでアナウンスすると思われる『Surface Pro 4』についてタブレットモードやデスクトップモードで画面サイズが可変する「スマートフレーム」(Smart Frame)を採用する可能性が伝えられています。

Surface-Pro-4-Smart-Frame

Surface Pro 4、スマートフレーム採用か

 発表イベント間近に迫った現在も『Surface Pro 4』について目立った噂はありませんが、ここにきてw4phubから『Surface Pro 4』はデルのXPS 13のような超薄型ベゼルになることが伝えられました。

XPS-13-01

 また、画面サイズは13インチながら、タブレットモードでは12インチまで表示領域を縮小する「スマートフレーム」(Smart Frame)機能を搭載(記事冒頭にある画像のようなイメージ)しており、手で持ちやすく机上での作業効率も落ちないとのこと。

 スマートフレームはソフトウェアベースということでWindows 10に組み込まれる可能性があり、今後10インチ以上のWindows 10搭載タブレットは超薄型ベゼルが特徴となるかもしれませんね。

 8月にはMicrosoftが14インチ版と12インチ版の『Surface Pro 4』を準備しているという情報がありました。もしかして14インチから12インチに可変するのでしょうか。

Microsoft、12型『Surface Pro 4』と一緒に14型2in1タブレットを発表か

Source:w4phub

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑